LINEで無料留学相談

働く・語学留学・旅行するオーストラリアのワーキングホリデーについて

ワーキングホリデーとは「働く」「語学留学」「旅行する」働きながら海外生活ができる制度

ワーキングホリデーは2国間の協定に基づき、18歳〜30歳までの青年が異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労を認める特別の出国入制度。

「一国につき一生に一度だけ」申請できるビザで海外生活を送ってみたい!

という方にピッタリの制度です。

分かりやすくいうと「大人の夏休み」

分かりやすくいうと「大人の夏休み」として、休暇を楽しみながら、勉強するも良し、働くも良し、ゴロゴロするも良し、働きながら夢の海外生活をおくることができるという素晴らしい制度です。

ワーキングホリデービザの有効期間は入国日から1年で、ビザの有効期間内だと何度出入国しても問題ありません。

年間1万人の日本人がオーストラリアへワーキングホリデーで渡航

2014年度の日本人ワーキングホリデービザ発給数は10,579人になり1万人を突破し、年間1万人の日本人がオーストラリアへワーキングホリデーで渡航しているくらい日本人にとってオーストラリアはワーキングホリデー人気国です。

イギリス人は年間45,000人もオーストラリアにワーホリ渡航

アジア各国の比べると韓国、台湾、香港は日本より多くの方が渡航している現状があり、英語ネイティブ圏だとイギリスがダントツの45,000人もオーストラリアにワーキングホリデービザで渡航しています。

世界中から年間20万人の若者がワーキングホリデービザを取得して、オーストラリアに訪れるということから非常にグローバルな国だということがいえます。

単刀直入に「ワーキングホリデーで何ができるの?」

前途の通り、ワーキングホリデーは「大人の夏休み」です。

入国から1年間オーストラリアに滞在できる権利を得るので、期間内では下記のどのようなことにも挑戦することができます。

  • 語学学校に通う
  • 資格を取得するために学校に通う
  • 働く
  • 休暇を楽しむ
  • 何もしない

実際、オーストラリアでワーキングホリデーを楽しんでいる日本人の多くが、語学学校に通い、その後アルバイトなどで働きながらお金を稼いだり、働いて貯めたお金で旅行したり、次のステップの必要経費としてとしてその費用を使ったりしています。

「英語留学」「働く」「旅行する」オーストラリアでのワーキングホリデー生活について

ワーキングホリデーでのオーストラリア渡航者は「英語留学」「働く」「旅行する」何でもありの大人の夏休みを上手く活用しながら、海外生活を楽しんでいます。

都市部からビーチリゾートまですぐに行ける

オーストラリアは比較的温暖な気候で、ゴールドコーストやシドニーなど各都市に観光スポットとして人気のビーチがあり、日本の都市部の印象とはガラリと変わり、半分リゾート気分で生活ができると言っても過言ではないライフスタイルを送ることができます。

例えば、シドニーシティー中心部からバスで15分ほどで観光スポットとし大人気なボンダイビーチなどにもアクセスできるため、都市と自然の融合した環境でリラックスした生活の中でお仕事、英語留学生活を送ることが可能です。

オーストラリアで「語学を学ぶ」

ほとんどの渡航者は初めの数ヶ月間は語学学校で英語の勉強をし、その後スムーズにオーストラリアで働く為、仕事を見つける為に英語の習得を急ぎます。

英語ビギナーの方は3ヶ月〜4ヶ月(17週間)語学学校に通われます。

ワーキングホリデービザでは最長4ヶ月間語学学校に通学出来ます

ワーキングホリデービザでは最長4ヶ月間は語学学校での修学を許可されているので、ご自身の英語能力、予算、目的に合わせて留学期間を決定しています。

オーストラリアで語学学校に通うことのメリットとして、もちろんネイティブの環境下で英語を勉強できることではありますが、その他にも同じような意識や同じような環境でこれからオーストラリアで生活していくバッチメイト(同じ時期に入学した仲間)ができ、ワーキングホリデー生活の基礎になる友達や頼れる仲間が語学学校でできることになります。

英語が飛躍的に伸びる

学校の勉強も勿論大切ではありますが、世界各国からオーストラリアに留学・ワーホリで来ている仲間と日常生活を共にしていくことによって、英語が飛躍的に伸び、日常コミュニケーションレベルが上がることに繋がります。

基礎から一般英語の能力を勉強します

英語初心者の方でも大丈夫!
基礎からきっちり学んでけるコース、語学学校を紹介致します。

学校に日本人スタッフが駐在している学校もあります。

TOEICの点数を上げられるようなコースを勉強します

日本に帰国後、就職活動などにも活きてくるTOEICの点数。
語学学校でもTOEIC特訓コースなどもありますので、オーストラリア在住中にTOEICの点数を上げて、帰国後のステップアップに活かしましょう!

IELTSやTOEFLなどの点数を取るための勉強をします

オーストラリアで専門学校、大学への進学を検討されている方では必須になってくるILETSやTOEFLなどの点数。オーストラリアでの進学するための点数取得をサポートしている語学学校、コースが充実しています。

J-shineやTESOLなどの英語教師育成コースを勉強します

英語教師育成資格を取得できるコースも短期からございます。

スピーキングやリスニングに特化したコースを勉強します

英語の資格などにこだわらず、コミュニケーション能力を培う為のリスニング、スピーキングに特化したコースでネイティブスピーカーと普通にコミュニケーションが取れるようになれるように特訓できます。

バリスタやホスピタリティーに特化したコースを勉強します

カフェで働く際に必要な「バリスタ」の資格が取得できるコースを提供している語学学校もあり、コーヒーの深い文化を学びながら豆の挽き方やラテの作り方まで実践で活かせられるように勉強することができます。

オーストラリアで「働く」

ワーキングホリデービザの醍醐味としては、やはり「海外で働ける」「海外で仕事ができる」ところにあるのではないでいでしょうか?

世界一時給が高い国「オーストラリア」

オーストラリアの最低賃金が時給ベースで18.29豪ドル(日本円約1,600円)

ワーキングホリデービザ保持者は、同一雇用主のもとで最長6ヶ月は就業できます。
しっかり語学学校で英語を習得して、その後にアルバイトで飲食関連、サービス業、オフィス業務など様々な選択肢があります。

仕事内容によっては英語能力が重視される職種、過去の経験が重視される職種、資格などを要する職種など様々なジャンルのお仕事が募集されています。

ビーチリゾートやカフェで働く

オーストラリアならではのお仕事としては、マリンスポーツ関係でスキューバダイビングのお仕事に就かれたり、ヨーロッパのコーヒー文化の影響を強く受けているメルボルンやシドニーなどの都市部でのカフェで働いたりなど、日本では経験できないジャンルのお仕事にも挑戦して頂けるかと思います。

オーストラリアを「観光」する

ワーキングホリデーの大義は「ホリデーを楽しむこと」であります。

オーストラリアの各都市、地域は様々な顔、文化、歴史的背景を持ち、異なった文化、景色、雰囲気、人との出会いがあります。

マリンスポーツが身近なオーストラリア

オーストラリアは特にマリンスポーツが市民にとって身近で、仕事の後にビーチなんてことも日常的に行われています。

中でも特にサーフィンが市民にとって親しみがあるマリンスポーツで、各ビーチにはサーフスクールが設けられていて気軽にチャレンジすることが可能です。

また、語学学校によってはアクティビティでサーフスクールを開講していることもあります。
アクティビティでサーフィンをしたい!という方はお気軽にお問い合わせください。

オーストラリア国内だけでなく、日本からだと中々アクセスしにくいニュージーランドや、太平洋にある島々(フィジーやバヌアツ、ニューカレドニア)、インドネシア、マレーシア、シンガポールなどの国々へのアクセスしやすい国ですので、滞在している間にお金を貯めて、学んだ英語を活かし、ホリデーを楽しんでください。

オーストラリアのワーキングホリデービザと学生ビザの違いは?

ワーキングホリデービザ : 休暇が目的

  • 語学学校へ就学できる期間は4ヶ月(17週間)未満
  • 同雇用先で6ヶ月以上労働できない

学生ビザ : 学業が目的

  • 4ヶ月以上学校に通う場合はワーホリビザでは就学不可なので学生ビザが必要
  • 週20時間以上の労働はできない

セカンドワーキングホリデーについて

セカンドワーキングホリデーとは、2度目の1年もワーキングホリデービザでオーストラリアでの滞在を許可する制度です。

セカンドビザの取得については、オーストラリア政府が定めた第一次産業(代表的には農業)で88日以上の労働したワーキングホリデービザ保持者が申請できるビザです。

ファーストワーキングホリデービザと同様に、年齢制限、扶養家族の有無などもビザ申請条件にあります。

セカンドワーキングホリデービザ取得に関するご相談も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に