オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
大阪オフィス(心斎橋駅徒歩3分)でお待ちしております / 月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア留学 体験談

相見紗夕理さん

年齢:30歳、 渡航日:2022年3月、 到着都市:メルボルン、 ビザタイプ:ワーキングホリデービザ、 語学学校:ELSIS English Language School Melbourne、 プラン:無料サポート

お友達に勧められたメルボルンでワーキングホリデーを決意!

入国制限が解除されすぐにオーストラリア入国したものの、オミクロンの感染拡大でオンライン授業となってしまう…。

そんな中でも、ホームステイ先に恵まれ、国際交流を積極的に行い、現地の学校で日本語教師としての仕事を見事GETした相見さんにインタビューをしました!

オーストラリア生活を満喫できているのは渡航前のオンライン英会話のおかげだった!?

コロナ明け、メルボルンのリアルな生活をのぞいてみましょう!

オーストラリアでワーホリをしようと思ったきっかけは?

もともと海外に行きたかったけど勇気はなかった…

ワーキングホリデーは年齢制限があるので「じゃあ期限が切れる前に行くか!」という感じでサラッと決めました。

最初は正直ヨーロッパに行きたかったけど、
英語が全然できなくて英語の基礎をつけたいと思い、アメリカかオーストラリアを考えていました。

そんな時オーストラリアでワーホリ経験のある友達が「メルボルンいいよ!合うと思うよ!」と言ってくれたので、
オーストラリアの事全く知らなかったけど、それだけでメルボルンへのワーキングホリデーを決めました。

カウンセリングを受けたり、自分でも調べるうちに渡豪への気持ちが強まりました。

オーストラリア行く前と行ってからのギャップはあった?

行く前に1番心配だったのは、“英語の環境で生きていけるのか?”ということでした。

絶対言葉の壁にぶつかってストレスが溜まるだろうな…。

意外とそうでもなかった!

日本の生活がオーストラリアに変わったってくらいです。

今のところそれほどのストレスはなく、かなり快適です。

私のホームステイ先、ホストファミリーは当たりでした!

今ホームステイ後のシェアハウスを探しているんですがなかなか見つからず…

そしたら、ホストファミリーがシェアハウスが見つかるまでうちにいていいよ!と契約を延長してくれたんです。

ご飯ができたら呼んでくれて一緒に食べています。

一人部屋なので自分の時間も確保しつつ、リビングに行けば家族と話せる環境です。

ほんとにいいホストファミリーに出会いました!

フィリピン人のご家族で、コロナ前からずっとホームステイの受け入れをしていたみたいです。きっと慣れてるんですかね!

Q. ホームステイ先での会話はずっと英語ですか?

そうですね。

ホストファミリーは英語しか話せないのでずっと英語で話すと、英語力も上がっているように感じます。

ホストファザーの英語の訛りが少しキツく、インドの訛りに近いような感じなんです。

なので最初は聞き取りにくかったですが3ヶ月以上一緒に過ごすと慣れました。

メルボルンの休日の過ごし方は?

ホストマザーがコロナの影響で、フィリピン料理を作って配達する副業を始めたので休日は料理作る手伝いをし、配達ついでにちょっと遠出の観光をしていました。

電車で行くと大変なところも車で連れて行ってもらえたのでありがたかったです。

Q. オーストラリアでの友達作りは?

ホストファミリーに連れられて、になるとフィリピンのコミュニティーになるのでそこで友達は増えました。

後からもう一人、日本人の方が入居したんですが、その方は英語がそんなに得意ではなく話す機会がないと言っていたので、メルボルンで開かれている言語交換イベント(Language exchange event)に参加しました。

そこでは現地の人や、他の国から来ている留学生(インドネシア)と仲良くなりました。

結構オーストラリアにはエージェント主催や会社のミートアップイベントみたいな交流会がたくさんあって、インスタグラムやネットで『言語交換/ メルボルン』って調べて情報収集をしていました。

日英の言語交換のイベントが多くて、仲良くなったらまずインスタ交換!LINEで連絡を取り合ったりもします。

あと、オーストラリアはまだFacebookを使っている人が多いので準備していた方がいいかもです。

What’s up(LINEのような会話アプリ)も使う方多いです。

とにかく何も考えずとりあえずやってみるマインドで生活しています。

コロナの影響はありましたか?

オーストラリアに入国して最初の頃は、対面授業がなく実際に学校で会って友達を作るということはできなかったんですが、
本来出会えない別キャンパスの生徒や先生と繋がることができました。

逆にオンライン授業だからこそ、ブリスベンやシドニーの生徒さんと知り合える機会はありました!

渡航する時にはメルボルンとブリスベンキャンパスは開くと聞いていたのに、
オミクロンの感染爆発でキャンパスがクローズしましたと言われて、全てオンライン授業になったんです。

授業始まって約1ヶ月後には対面授業は再開開されたのですが、
入学したUpper intermediateクラスメイトは私を含めて3人(タイ人とコロンビア人)しかいませんでした。

Intermediate以下のレベルに日本人がいっぱいいました。

シドニーの学校だけ開いてたのでレベルごとの先生がブリスベンとメルボルンの生徒へオンライン授業を繋いでくれたんです。

シドニー校の先生、クラスの雰囲気もよかったです!

ELSIS / エルシスの授業の様子は?

ELSIS English Language School シドニー校の
一般英語コース(Upper Intermediate)の先生がスピーキングをメインに授業を進めてくれたのでよかったです。

授業前半は前日の文法などの復習とペアに分かれてのスピーキングレッスン。

スピーキングは渡された3、4トピックについてペアで話して、それが終わったら自由にフリートーク!

先生公認で嫌なトピックの時はただただ世間話したり、なんでも話せちゃう楽しい授業でしたww

Q. 違う国籍の方とは文化の違いなどを話しましたか?

一回、政治関係の話が出て

「あなたは自分の大統領が好きですか?政治についてどう思う?」

っていう質問に対して、お互い自分の国の不満を言い合っていました。

こういうところが嫌だとか…ww

Q. 日本の政治についてなど事前に調べて準備してましたか?

全くです!

あたかも知ってるかのように、一般常識を絞り出して話していました。

クラスメイトみんな政治に興味ない。総理大臣好きじゃない。っていう話を永遠にしていました。

でもやっぱり、他の国の方は自分の国の事をよく知っているからちゃんと答えられるんですけど、
私は日本のことをよく知らないから勉強しないとなと痛感しました。

英語力を伸ばす前に、日本の事を色々勉強して、知識を持っておくのも大事だと思います。

オーストラリアで日本語教師のお仕事

オーストラリアに来てすぐに毎週土曜日、オーストラリアで生まれた日本人の子や一時滞在の子が日本の教育を受けるために来る日本人学校の補習校のアシスタントティーチャーとして働いています。

履歴書なしでカフェのお仕事が決まった!?

本格的に学校が終わる前に仕事探しを始めて、カフェで働いる学校の友達の紹介で履歴書無しで ウェイトレスの面接に受かりました。

人脈合格ですね。人が足りなかったからか…

(そこは少し住んでいるところから通勤の便が悪いのでさようならしましたが…ww)

それと並行して、SEEKという現地のお仕事を探すサイトで職探しをしました。

私立日本語アシスタントティーチャーのお仕事に応募し、無事受かりました!
そこの学校は第二言語にフランス語、中国語に続き、日本語の選択肢があり、日本人アシスタントティーチャーの募集があったんです。

現地のお仕事探しで必要なものは履歴書とカバーレター

履歴書は最初ホストマザーからもらったテンプレートを参考にリライトしていました。

それでも不安だったので、語学学校の先生に

『ビジネス英語わからないのにどうしよう。』

と助けを求めたら先生も履歴書とカバーレターのテンプレートを送ってくれて、最後の添削までしてくれました。

また英語チェックだけでなく受かるために何を書くべきかのアドバイスもくれました。

幸い私の場合は、日本で塾の講師の経験があったので
その経験と現地でのアシスタントティーチャーの経験を評価してもらえたのかなと思います。

教員免許がなくても、このような仕事をゲットできるチャンスはあります。

オーストラリアって専門的な資格(ネイリスト、美容師など)があると強いですが、
資格なくてもスキルがあってそのスキルを伝える力があればなんとかなると思います。

英語での面接はどう乗り越えましたか?

オーストラリアの方って、いろんな国籍の英語に慣れているので英語に自信がなくても伝えようとする姿勢が評価されると思います。

ずっと黙っていても、その人がどんな人なのかわからないから…

話している時、文法の間違いとか気付いちゃうんですが、
面接官はそんなの気にしてないし、理解してくれるのであんまり気にしなくてもいいかなと思います。

英語力上げられたのは渡航前のオンライン英会話のおかげ!

渡航前にやばいと思って3ヶ月みっちりオーストラリア留学ネットの英会話レッスンをさせてもらったんです。

正直、そのおかげで語学学校の授業も最初から苦労せずにすんなりオーストラリア生活初められたと思うし、
ホームステイ先でもでもストレスなく過ごせたなと思います。

Namie先生が凄く良くしてくれて、
今でも個人的にコンタクトを取っています。

語学学校の入学テストで「Upper intermediate」に入った時、嬉しくて先生に速攻連絡しました!

文法のベースはあったんですがオンライン英会話で単語、リスニング、スピーキングはかなり伸びました。

オーストラリア留学ネットの英会話レッスンはいかがでしたか?

最初は全然英語が話せなくてしんどかったです。

言いたいことも言えず、何を言ってるかわからず、英語をずっと聞くとドッと疲れてしまうことはありました。

だんだん先生が何を言ってっている分かるようになってきて、
頭の中で日本語から英語に変換するスピードが速くなったように感じました。

英語環境へのストレスは確実に減りました。

日本で事前準備をしっかりしていくことが、ワーキングホリデーや留学を成功させる鍵になるんじゃないかなと思います。

英語が話せると仕事の選択肢の幅が広がる!
英語の余裕は気持ちの余裕!

オーストラリア留学体験談

北防歩夢さん

年齢:28歳、 渡航日:2018年、 到着都市:パース、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:Lexis English パース校 17週間 ⇒学生ビザ切り替え、 プラン:無料サポート

詳しく見る

中山梨紗さん

年齢:27歳、 渡航日:2019年11月、 到着都市:メルボルン、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:English Unlimited 一般英語コース17週間、 プラン:無料サポート

詳しく見る

藤田 正広さん

年齢:25、 渡航日:2018年度、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:ELSIS、 プラン:無料サポート

詳しく見る

柴田悠さん

年齢:26歳、 渡航日:2018年、 到着都市:ブリスベン、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:Browns English 一般英語コース 25週間 / English Unlimited 一般英語コース 9週間 、 プラン:無料サポート

詳しく見る

小林 知佳さん

年齢:24、 渡航日:2017年度、 到着都市:パース、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 プラン:お仕事マッチングプラン

詳しく見る

川田皇龍さん

年齢:22歳、 渡航日:2022年2月、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:ELSIS English Language School Sydney、 プラン:無料サポート

詳しく見る

呉星樺さん

渡航日:2019年1月、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:Australian Learning Group(ALG)Fitness Certificate Ⅲ & Ⅳ、 プラン:無料サポート

詳しく見る

Yukiさん

年齢:22歳、 渡航日:2018年度、 到着都市:ゴールドコースト、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 プラン:無料サポート

詳しく見る

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)