オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア留学 体験談

内田 敦之さん

年齢:22歳、 渡航日:2017年、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:ラ・リングア、 プラン:無料サポート

オーストラリア留学を決めた理由について

Q… どうして留学しようと決意したのですか?

僕は埼玉にある大学に通っている大学生で、教育学部で勉強しています。2年生が終了した時点で、このまま卒業して将来は先生になるんだろうと決まりきった将来に少し物足りなさを感じていたのもありました。

でも、自分の好きなことでもあったので将来は立派な先生になって、自分の生徒には授業で大切なこと以外のことも沢山教えてあげられる先生になりたいという先生の理想像は膨らんでいました。

ただ、自分の今の経験や経歴だと、ごく一般的な日本での小中高大学の経験しかなく、残念ながら自分の”スペシャル”なスキルも経験も無く、このままでは普通の新米先生になり生徒に教えられることなんてちっぽけなことしか無い、と、自分の将来について強烈に危機感を覚えました。

留学経験や語学力は絶対に武器になると感じていました

海外での留学経験は将来キャリアとして非常にプラスになると考えていました。大学生の間に留学に出て、社会に出る前に見聞を広げ経験を積んで一回り大きく成長したいと思い、留学することを決めました。

留学に行くことを決めてからは、出来るだけ早く渡航したい気持ちでいっぱいで、毎日グーグルで留学について調べる日々が続きました。「留学先を決めないとな・・・」。。留学を決めた当初はアメリカへの留学について調べていました。

留学費用がかかりすぎるアメリカ、観光ビザでも最長3ヶ月

予算が沢山あったわけではないので、アメリカに留学するとなると観光ビザで3ヶ月の滞在が現実的だと知り、3ヶ月の観光ビザでの滞在ではただの旅行でしかないので、英語力もUP出来ないだろうし、いい経験も出来ないだろうと断念しました。

その時「ワーキングホリデービザ」制度を知りました

ワーキングホリデービザは1年間の滞在が許可されるし、その国で働くことを許されているのでアルバイトして生活費を賄うことが出来ると思い、ワーキングホリデービザを利用して海外留学することを決めました。やはり観光とは違って実際に住んだり、働いたりして現地で少し長く生活することに価値があると思っていたので、ワーキングホリデービザで働く+英語を習得する+色んな経験をする!という目標が明確になりました。

英語勉強+仕事+日本で出来ない事にチャレンジする

日本では高校生の頃からアパレルショップで働いたバイト経験もあって、ごく普通な流れで大学生にまでなりました(笑)日本で経験出来ないような仕事やバイト、経験、もちろん英語勉強もそうですが、出来る限り新しいことにチャレンジしようと思いました。

もともとインドア派な僕がオーストラリアにワーキングホリデー(ワーホリ)で渡航した後も変わらずインドアな生活をしていたらワーホリでオーストラリアに渡航した意味もないと思うので、何か変えてやる!という気合は満タンでした。

渡航先の国選びは治安と居心地の良さでオーストラリアに決定

ワーキングホリデービザで渡航できる国として最終「カナダ」と「オーストラリア」で迷いました。友達に聞いたり、先輩に相談もしていましたが丁度その時にカナダで銃乱射事件があったとニュースが流れ、治安の面を考えてオーストラリアに決まりかけていました。

オーストラリアは南半球にあり、気候もよく温暖だということもありカナダではなくオーストラリアに決定しました。カナダのマイナス何十度とかの寒いのはちょっと御免だ、というのも大きい要因です。

シドニーを選んだ理由は?

日本では特にサーフィンもやったこと無いし、ビーチライフに惹かれ生活していたわけではないのですが、オーストラリアではオーストラリアっぽい都市でビーチとか観光名所とかにアクセスしやすい場所で生活したいと考えていました。

シドニーとゴールドコーストで迷いましたが、求人数や学校の選択肢から最終的にシドニーに決めて渡航の準備を始めました。「もし移動したくなったらゴールドコーストに引っ越しすればいいや」くらいの気持ちで決めましたね。

オーストラリア渡航準備は?

出来るだけ早くオーストラリアに渡航したかったので、カウンセリングを通じてシドニーの学校選定して、ビザ申請もすぐに行ってもらい最短で渡航まで準備してもらいました。1ヶ月間くらいでお手続きから準備まで全て完了してチケットをJetstar(ジェットスター)で買ってオーストラリアに飛びました。

シドニーでの学校生活はどうでしたか?

Q…学校選びはスムーズに進みましたか?

La Lingua Language School(ラ・リングア)という学校で11週間の一般英語コースに通ったのですが、学校選定は結構カウンセラーの方とカウンセリングをしました。もちろん英語力を劇的に上げたいとも思っていましたし、それだけでなく将来的に役に立つ資格やキャリアを培うことができたらと思い結構時間を使いました。

将来のキャリアアップの為にJ-shineコースがある語学学校を選択

ラ・リングアはJ-shineコース(日本の小学校で英語教員資格として必要な資格)やTESOLコース(英語を教える先生になる為のコース)を取得できる学校だったので、英語力が上がってからオーストラリアでJ-shineコースを受講して資格をとって日本に帰国したい!とも考えていました。日本の小学校で英語教員になるためにはJ-shineの資格が必須になったということもあったので、オーストラリアで取得できればしておこうと計画していました。

(参考)J-shine・TESOLコースについての詳細ページはこちら >> 

とは言っても、英語全然話せないので始めはしっかり一般英語コースで中級レベルまで英語力UP出来るように必死に勉強しました。

Q…ラ・リングアでの学校生活はそうでしたか?

日本人講師の方も常に駐在していて、相談しやすく、生活の面も色々教えてもらったり学校での情報交換は自分のオーストラリア生活にプラスになりました。

留学中の日本人とも仲良くなれたし、海外からの留学生ともすぐに仲良くなれたのでいい環境で勉強できたと思っています。海外生活に不安があったので日本人スタッフがいる学校というのも選んだポイントでした。

先生やスタッフの人たちは、フレンドリーで親切で授業の話だけでなく色んな相談を授業後に相談に乗ってくれたりして、授業後もシドニーのことや観光地について話していました。

Q…英語上達しましたか?

オーストラリアに到着後、ホームステイに入居した際にホストマザーとほとんどコミュニケーションを取れずスピーキングとリスニング能力の低さに悔しい思いをしていましたが、学校が始まり、日々英語を勉強しているうちにホストマザーとも徐々にコミュニケーションが取れるようになりました。

スピーキング、リスニング能力が日々伸びていくのが自分でも実感できましたね。リスニングのほうが急激に伸びたと思います。

オーストラリア滞在中に一番努力したことは?

学校に通うと尚更自分の英語力の低さを痛感して、英語でコミュニケーションが取れている人を見ると「いいな~」と思う反面、めちゃくちゃ悔しくて、その気持ちが英語勉強の原動力になっていました。

オーストラリアに来てから「なにくそ!」って思う機会も増えて、勉強も生活も頑張れるきっかけになることが多かったです。英語のスピークングやリスニング能力を上げるために、積極的に友達と外に出て色んな場所に行き、英語を話す機会を作ることが一番努力したことかもしれません。

積極的に英語を使うように意識して口数を増やす努力をした

オーストラリアの人たちもすごく優しくてフレンドリーなので、文法が間違っていても意味さえ通じれば会話が成り立つことを知り、完璧に考え込むのではなくて、文法も間違っていてもいいのでどんどん言葉発していくように努めました。

シドニーでの生活はどうでしたか?

ホームステイ滞在中にシェアハウス内見(インスペクション)のアポをとって、1日10件くらい友達と見に行ったりとかも自分にとっては凄く新鮮でした。新生活をスタートするのが海外(オーストラリア)でやることなすこと全て新しいチャレンジだったので、疲れるというよりかは楽しかったです。

正直、アルバイトも”観光”してる感覚でした

毎日外に出て歩いているだけでワクワクするというか、東京と雰囲気も全然違うし、生活が180度変わったって感じでした。うまく伝えられないのですが、アルバイトに行くのも仕事に行く感覚っていうよりかは観光しにいくような感覚でアルバイトも毎日楽しかったです。

日本では飲食店で働いた経験はなかったので、オーストラリアでレストランで働くのが初体験だったのですが、色んな国籍のスタッフがいる中で働くというのは刺激的で勉強しにいってるのにお金もらってる感じで新鮮でした。

シドニーのシティーにアクセスしやすい場所に住んだのが◎!

休みの日とかもシティーを散歩してるだけで楽しかったし、みんなでボンダイビーチやマンリービーチにいったりアクセスの良いシティー付近にシェアハウスを探して住んだのが功を奏したと思います。

友達の輪も広がったし、暇な時は一人でブラブラしてても楽しいし、シドニーでの生活で困ったことは特にありませんでした。

これからオーストラリア留学に来る人に伝えたい事

留学予算はミニマムでOK、学費が安い学校も多いですよ!

予算についてですが、せめて50~60万円くらいの予算があれば語学学校にも数ヶ月通えて、仕事スタートしお金を稼ぎながら生活スタートできるので、準備に時間をかけすぎるっていうより、留学エージェントに学校とかビザ申請とか任せられるところは任せて、できるだけ早く渡航するとか、事前に英語を勉強するとか違うところに時間を掛けるべきだと思います。

アクセスが良いところに住むべし!

よりシティーに近いところを拠点にしたほうが、学校も職場も近いと思うので便利になると思います。通勤とか通学に時間がかかりすぎるのは友達とかをみていてオススメではないなーともいました。

あとは一つあるとすれば、アウターはオーストラリアに持ってくる必要無いです。。。めちゃくちゃ厚手のアウターを持ってきたのですが、着る機会は一度もなく荷物になるだけでした・・・・

オーストラリア留学.netを選んだ理由

すぐに渡航したかったので、学校選定やビザ申請、サポートが一気通貫で行ってくれてスムーズなやり取りを求めていました!すぐにカウンセリング行って頂き、学校も沢山ある中から自分に合った学校を担当カウンセラーと一緒にプランニング出来たのでいい選択が出来たと思います。

カウンセリングも何度もお願いして親身に一緒になって費用(予算)を抑えながら、かつ学校にも通ってオーストラリア生活をスタートできる様にサポートしてくれたので必要最低限の留学コストで渡航が出来たと思っています。予算があまりなかったので、手数料、サポート費用が無いのは助かりました!ありがとうございました。

オーストラリア留学体験談

呉星樺さん

渡航日:2019年1月、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:Australian Learning Group(ALG)Fitness Certificate Ⅲ & Ⅳ、 プラン:無料サポート

詳しく見る

隅田 達也さん

年齢:25歳、 渡航日:2017年7月、 到着都市:シドニー、 ビザタイプ:学生ビザ⇒ワーキングホリデー、 語学学校:SELC 6ヶ月、 プラン:お仕事マッチングサポート12ヶ月

詳しく見る

小西 翼さん

年齢:25歳、 渡航日:2018年、 到着都市:ゴールドコースト、 ビザタイプ:観光ビザ、 語学学校:Inforum Education、 プラン:無料サポート

詳しく見る

山田 千歳さん

年齢:26、 渡航日:2017年、 到着都市:ケアンズ、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:Sun Pacific College 48週間、 プラン:無料サポート

詳しく見る

Yukiさん

年齢:22歳、 渡航日:2018年度、 到着都市:ゴールドコースト、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 プラン:無料サポート

詳しく見る

志萱夕夏子さん

年齢:22歳、 渡航日:2017年、 到着都市:メルボルン、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:ELSIS 8週間、 プラン:お仕事マッチングサポート12ヶ月

詳しく見る

坂口いくみさん

年齢:28歳、 渡航日:2018年、 到着都市:ゴールドコースト、 ビザタイプ:ワーキングホリデー、 語学学校:Browns English Language School、 プラン:無料サポート

詳しく見る

柴田悠さん

年齢:26歳、 渡航日:2018年、 到着都市:ブリスベン、 ビザタイプ:学生ビザ、 語学学校:Browns English 一般英語コース 25週間 / English Unlimited 一般英語コース 9週間 、 プラン:無料サポート

詳しく見る

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に