LINEで無料留学相談

留学・ワーホリ準備について

オーストラリアに持ち込めないものや制限のあるものはありますか?

入国の際には検疫があるので、持ち物を確認されます。入国カードに記載されている食品・植物・動物製品・薬などが対象になります。申告を忘れたり、虚偽の申請を行った入国者は法律違反で逮捕されることがあるので、入国時のルールは必ず守りましょう!

日本の化粧品はオーストラリアで購入することはできますか?

化粧品など美容商品は日本商品を専門的に販売しているお店が存在しています。ただ、こだわりのある方はご自身で日本で購入されてから渡航されることをオススメします。

日本食はオーストラリアで購入することはできますか?

日本食品を専門に販売しているスーパーやお店があるので、調味料も含めて現地でも手に入れることが可能です。

日本のタバコはオーストラリアに売っていますか?

日本のタバコは基本的に売っていません。オーストラリアにはオーストラリアのタバコが売られています。値段は1箱15$〜25$(1箱20本入り)とかなり高額です。

海外保険は加入した方がいいですか?

日本で海外旅行保険に加入されることをオススメしております。費用に余裕がなく保険に加入されない方もいらっしゃいますが、万が一怪我などで入院することになった場合、保険加入とは比べ物にならないくらい高額の費用が必要になってきます。

海外旅行保険について

英会話はやっておいたほうがいいですか?

事前にしっかりと準備をしておきたい方や学校に通った後も継続的に英語の勉強を続けたいという方にはオススメしております。

ビザの申請は難しいですか?

ご自身でワーキングホリデーなどの申請を行う場合は、マニュアルなどをご参照いただき絶対に間違いのないように気をつけてください。入力内容にミスがあったりすると渡航までに余計な時間・費用を使ってしまうことになりかねません。

日本人が少ない地域はどこですか?

基本的にどこの都市に滞在しても日本人はいます。中国人・韓国人・ヨーロピアンなど様々な国籍の人がいる中で、重要なのは日本人がどれくらいいるかではなく、積極的に現地のオーストラリア人と話したりネイティブスピーカーと友好な関係を築いていく等、英語を話す環境作ることが出来るかというのがポイントになります。

渡航先の都市はどうやって決めればいいですか?

都会が良い、ビーチの近い都市が良い、学校に近い都市が良いなど、ご希望に沿った滞在都市をご提案させていただきます。 オーストラリアの各都市の特徴についてはこちらをご参考にしてください。

オーストラリアの都市情報

今持っているスマホをオーストラリアでそのまま利用できますか?

現在お持ちの日本のスマートフォンがSIMロックされているものである場合は、日本国外でそのまま利用していただくことはできません。ただ、Wifi環境下では日本国内と同じようにインターネット・アプリ(LINE,Facebook,Instagram,Twitterなど)を利用していただくことができます。 現地のSIMカードをご利用になる場合は、現地で購入するより安くつくので日本でSIMフリーのスマートフォンをご用意(8000円〜20000円程度)いただくか、お使いのキャリアにてSIMロック解除を行なっていただく必要がございます。

出発前に日本で買っておくべきものはありますか?

一概に申し上げることはできませんが、コンタクトレンズやオーストラリアで手に入れることが難しい医薬品、メーカーなど個人のこだわりがあるものは日本でご用意いただいた方がよろしいかと思います。目薬、化粧品、美容品などはいつも使っているものが手に入らない可能性が高いので、事前に用意されるのが無難です。ただ、現地に到着してからも日本の友人・家族に郵送してもらうことはできますので、必要最低限のものだけで渡航していただく方が荷物の量が少なくなるので楽になります。

留学には何を持って行けばいいですか?

1年間ワーキングホリデーや留学では、様々なものが必要になりますが、オーストラリア留学.netでは、オーストラリア留学で必要な持ち物チェックリストを配布しております。長期の留学の場合は、かさばるものなどは現地で購入したりして荷物をコンパクトにまとめていくことがポイントになります。

オーストラリア留学に必要な持ち物リスト

FIND FROM CATEGORY

カテゴリーから探す

よくあるご質問トップに戻る

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に