オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア留学と他国留学を徹底比較

英語の必要性を真剣に考え

「まだ20代のうちに留学しときたい・・」

「人生の転機にする為に英語を習得する!」

と考える方が増えてきているのではないでしょうか?

英語留学先の一つとしてオーストラリア留学は人気の渡航先のひとつです。
オーストラリアは英語ネイティブ(英語が母国語)の国で、年間60万人もの留学生が世界中からオーストラリアに英語留学しています。

2000年までは、オーストラリアへの留学者数は年間10万人〜15万人くらいしかおらず、アメリカ留学がメジャーでしたが、近年オーストラリアへのワーホリ・留学が注目されたり、留学中に働きやすい環境であるオーストラリアが注目されてきました。

近年注目されているオーストラリア留学について

「あなたはどの国を1番はじめに留学先として思い浮かべますか?」

アメリカのロサンゼルスでの留学も憧れだったり、英語の本場といえばイギリス。
イギリスでのアカデミックで高品質留学を検討したり、オーストラリアの温暖な環境での質の高い長期留学を検討したり、のんびりカナダへ!と留学先は正直迷います。

英語ネイティブ国のアメリカイギリスオーストラリア・カナダから、留学渡航者はどのように留学先を決定しているのでしょうか?

そして、なぜ急にオーストラリア留学が注目され、留学渡航先の人気国になったのでしょうか?

英語がネイティブの留学先について徹底比較

英語がネイティブの留学先は以下の4つが主だって挙げられます。

  1. オーストラリア
  2. イギリス
  3. アメリカ
  4. カナダ

ここからは各国の特徴やメリット・デメリットなど合わせて見ていきましょう!

英語がネイティブの留学先について
オーストラリア

オーストラリアと言えば、1年を通して温暖な気候でOZ(オージー)の緩いライフスタイルが印象的な英語ネイティブ国です。

歴史的背景からオーストラリアはイギリス英語がベースとなっていますが、オーストラリア特有のアクセントや独特なセンテンスが沢山あります。

シドニーやメルボルン等のオーストラリアを代表する大都市には、年間30万人以上の留学生が滞在して語学留学に励んでいます

またオーストラリアはワーキングホリデーNo.1の人気渡航先であり、働き先(アルバイト)が見つかりやすく比較的時給も高い環境となっているので、留学生が現地生活コストを抑えて長期留学できる環境として近年更に人気が高まってきています。

オーストラリア留学のメリット

  1. 留学費用が他国と比較して安く抑えられる
  2. 仕事ができるので「稼ぎながら英語勉強」
  3. 時給が高い
  4. チップ文化でない
  5. オーストラリアは治安が良く安心して生活できる
  6. 銀行口座やSIMカードなど容易に取得できる
  7. 教育レベル・語学学校の質が高い
  8. 将来に役立つ資格や免許が取得できる
  9. オーストラリア英語はイギリス英語がベースになっている
  10. ビザ取得が他国留学と比較するとスムーズ
  11. セカンドワーキングホリデービザ制度がある
  12. 日本人留学生が少ない
  13. 日本人が少ない都市/学校を選びやすい
  14. 世界中に友達ができる
  15. 日本との時差は1時間だけ
  16. 過ごしやすい温暖な気候
  17. 綺麗なビーチが多く、マリンスポーツが人気
  18. 魅力的なイベントや催事が多い
  19. オーストラリア都市間の移動が容易で安い
  20. オーストラリア周辺国が魅力的な観光地
  21. オーストラリア文化や習慣が日本と異なる

オーストラリア留学のデメリット

  1. 夏は特に紫外線が強い
  2. 物価が高い
  3. シドニーやメルボルンなどの大都市は日本人留学生が比較的多い

オーストラリア留学に向いている人

  • 長期で英語留学したいが、学費・生活費をできるだけ抑えたい
  • 働きながら現地で生活費や学費を稼ぎたい
  • 温かい、温暖な気候の国で滞在したい
  • ビーチが好きでサーフィンなどもしたい
  • 日本の家族やパートナーと連絡を取りたい(時差がない)
  • ヨガや英語教師になる資格を取得したい

英語がネイティブの留学先について
イギリス

イギリスと言えば、英語の本場「ブリティッシュ・イングリッシュ」ですね。

イギリス留学を希望している方やイギリス留学経験者からは質の高い英語コースを受ける為にイギリスへの留学を決意された!
という方や音楽やファッションなどの文化に憧れてイギリス留学される方が多いのも事実です。

イギリス留学の特徴の一つとして英語コースが全て認定制度になっているため、学校、先生の質の高さが挙げられます。

British Council(ブリティッシュ・カウンシル)とEnglish UKという組織が語学学校の品質を厳しい基準で審査、管理しています。

イギリス留学のメリット

  1. 英語の発祥の地、ブリティッシュ英語を習得することができる
  2. British Council(ブリティッシュ・カウンシル)とEnglish UKという組織が語学学校の品質を厳しい基準で審査、管理しているので、高品質の英語留学ができる。
  3. ヨーロッパ諸国へのアクセスが容易

イギリス留学のデメリット

  1. 2012年のオリンピック後、ユーロ離脱など経済状況が安定せず、アルバイト探しが難しい状況がある
  2. 日本とイギリスの時差が9時間もあり、日本の友人家族との連絡に支障が出る場合がある
  3. 初期費用が高い(280万円〜300万円程度必要(1年の留学))

イギリス留学に向いている人

  • 芸術も含めたヨーロッパの文化に触れたい
  • 留学費用を十分に確保できる
  • ブリテッシュ英語を学びたい
  • ヨーロッパの国々を訪れてみたい

英語がネイティブの留学先について
アメリカ

テクノロジー、アート、音楽、映画など様々な分野で世界トップのアメリカ合衆国。

常に世界をリードしている大国で英語習得、憧れの文化や町並みでの生活、アメリカンドリームに憧れてアメリカ留学をされる方が多いです。

アメリカのカルチャーが日本人の生活、生活スタイルに非常に大きな影響を与えてきたため、その発信源であるアメリカでの語学留学に憧れを持ってご渡航される方も多いのが実状です。

我々日本人はアメリカ英語のアクセントに慣れ親しんでいる為、ブリティッシュ英語よりも勉強に入りやすい、聞きやすい!という日本人が多いのも事実です。

アメリカ留学のメリット

  1. 様々な分野で世界トップの環境で様々な新しいモノ・コトに触れられる
  2. 日本人コミュニティーが確立しているので英語ビギナーでも安心して渡航できる
  3. 日本人の慣れ親しんだアメリカ英語を勉強できる

アメリカ留学のデメリット

  1. 銃社会の為、危険な事件も多い(命にかかわる悲惨な事件も多い)
  2. 留学初期費用や生活費も高い

アメリカ留学に向いている人

  • 最先端の文化に触れたい
  • アメリカ英語を学びたい
  • アメリカに住みたい
  • 留学費用を十分に確保できる

英語がネイティブの留学先について
カナダ

正直、アメリカ・イギリス・オーストラリア留学より人気が劣るカナダ留学ですが、バンクーバーやトロントの住みやすい環境での長期留学は人気の選択肢で、標準的な英語アクセントで日本人留学生にとっては英語学びやすい環境になっています。

アメリカやオーストラリアに比べて物価が少し安い傾向もあり、生活費が少し安く抑えられる点でも留学生にとって有り難いポイントになります。

カナダ留学のメリット

  1. 標準的な英語アクセント
  2. 近代的な都市と大自然が混じった過ごしやすい環境で留学できる

カナダ留学のデメリット

  1. 冬が寒い(マイナス10°〜20°)
  2. ホームステイ費用が高い上、移民のハウスに当たる場合が多い(フィリピンやインドネシア等)

カナダ留学に向いている人

  • 雪国が好きで寒くても問題ない
  • 生活費を抑えたい
  • 標準的なアクセントの英語を学びたい
  • 自然に囲まれた環境で留学したい

人気の留学先比較

留学費用が安い留学先は?

 オーストラリア イギリス アメリカ カナダ
1ヶ月の学費 8~12万円/月 10~24万円/月 10~15万円/月 8~16万円/月
3ヶ月の学費 24~30万円 30~72万円 30~45万円 24~48万円/月
12ヶ月の学費 90~120万円 120~280万円 120~180万円 90~180万円/月
家賃/月 5~10万円/月 7~10万円/月 8~10万円/月 5~10万円/月
生活費/月 5万円程度/月 5万円程度/月 5万円程度/月 5万円程度/月
航空券(片道) 3~8万円 7~15万円 7~15万円 7~15万円
合計:(1年間の留学費用) 180万円~ 300万円~ 280万円~ 220万円~

1年間の留学費用を簡単に比較してみました。学費が安いオーストラリアとカナダ。

航空券代などはやはり日本からの距離に比例して高くなるのでオーストラリアが安くなります。

ジェットスターやエアアジアなどの格安航空会社(LCC)も運航しているのでオーストラリアへの片道航空券は2万円代から取得できる季節もあります。

温暖な気候で過ごしやすい留学先は?

 オーストラリア イギリス アメリカ カナダ
過ごしやすさ
理由 年間を通じて温暖な気候 天気が年間を通じて悪い 西海岸は人気で温暖な気候 冬が寒すぎる

年間を通して過ごしやすい留学先として人気なのは、アメリカとオーストラリア。

アメリカだとハワイや西海岸のロサンゼルスなどの都市が人気。

オーストラリアはケアンズやゴールドコーストなどのビーチが綺麗なリゾート地と、シドニーやメルボルンなどの大都市も住みやすい都市ランキングで毎年首位に君臨している為、留学先として非常に人気になっている。

お金を稼げる留学先は?

 オーストラリア イギリス アメリカ カナダ
稼ぎやすさ
就業しやすさ
最低賃金 時給18.29豪ドル 時給9.75ポンド 時給7.25ドル 時給10.85ドル
最低賃金(¥換算) 時給1,554円(85円/豪ドル) 時給1,452円(149円/ポンド) 時給797円(110円/ドル) 時給911円(84円/ドル)

オーストラリアでは、留学生・ワーホリ渡航者はカフェやレストランなどの飲食関係であれば非常に簡単に就業することができます。(日本食レストランの場合)しかし、英語環境(ローカルジョブ)での就業を希望される方は中級以上の英語能力、高いコミュニケーション能力が必要になります。

英語力が伸びる留学先は?

 オーストラリア イギリス アメリカ カナダ
 語学学校の品質
 学習環境 自分次第 自分次第 自分次第 自分次第
 国際色の豊かさ

語学学校の品質については、語学学校の品質を保つ第三者機関のあるオーストラリア、イギリスが◎で、質の低い語学学校は淘汰されていく仕組みが出来ているのが重要なポイントです。

学習環境についてはご自身がどのような環境に身を置くかによって大きく異なってきますので自分次第となっております。

もちろん日本人ばかりではなく英語しか使えない環境に自ら身を置いている方は前者の環境に身を置いている方よりも英語力の伸び率は高くなります。

また、オーストラリアは移民の国であるため、様々な国籍の留学生が語学学校で学習しています。

日本人留学生数が多い留学先は?

 オーストラリア イギリス アメリカ カナダ
 日本人留学者数/年 9,472人(2016年度) 3,811人(2016年度) 20,159人(2016年度) 8,875人(2016年度)

2016年のデータによると、日本人の留学生が多い国は上からアメリカ、オーストラリア、カナダとなります。

日本人の多い留学先でも英語環境に自ら身を置くことができますので、日本人の少ない環境を求める場合は、日本人比率の低い語学学校を選択すると良いでしょう。

番外編:英語ネイティブの国ではない留学先

フィリピン留学

近年、短期英語留学先として人気急上昇中のフィリピン。

人件費の安いフィリピンだから実現できるマンツーマンの授業スタイルは短期集中で英語力を伸ばす事ができる。フィリピン留学は「短期英語合宿」として日本人学生だけでなく社会人の渡航も年々増加している。

フィジー留学

フィリピンより安い授業料でマンツーマンレッスンが受けられる太平洋に浮かぶ島「フィジー」。

オーストラリアやニュージランドに近いこともあり、オーストラリアにワーキングホリデーに行く前にフィジー留学をする方も多い。

ただ、フィジーの語学学校の質や発音なども質が劣るため、英語初級レベルの方にはオススメするが中級以上のレベルの方だと先生の英語レベルを超えてしまう場合もあるので要注意。

香港留学

近年留学先の選択肢として人気上昇してきた香港。
1997年までイギリス領だった影響でブリティッシュ英語が第二言語。

金融、ビジネス、生活環境に英語が必須な日本から一番近い国際金融都市。英語だけでなく中国語(北京語・広東語)を学べる機会も香港留学のメリットではないでしょうか?

まとめ:なぜオーストラリアを留学先として選ぶのか?

この記事では各国の留学特徴をまとめまてきましたが、オーストラリアを留学先として選ぶ理由として下記のようなポイントで左右されているかと思います。

  1. アメリカの様に銃社会でない
  2. イギリスのように初期費用や生活費が高くない
  3. カナダのように冬がマイナス20°にもなる厳しい環境ではない
  4. フィリピン留学みたいな古い校舎や十分でない施設でない
  5. フィリピンのように治安が悪くない(紛争地帯もあり)
  6. アメリカのようにアルバイトを違法で行わなければいけない環境ではない
  7. イギリスのようにアルバイト探しが難しくない
  8. フィリピンのように夜1人で街を出歩けない(治安が悪い)訳ではない
  9. アメリカやイギリスのように日本との時差が大きくない

要するにオーストラリアを留学先として選ぶメリットは?

  1. 留学費用が他国と比較して安く抑えられる
  2. 仕事ができるので「稼ぎながら英語勉強」
  3. 時給が高い
  4. チップ文化でない
  5. オーストラリアは治安が良く安心して生活できる
  6. 銀行口座やSIMカードなど容易に取得できる
  7. 教育レベル・語学学校の質が高い
  8. 将来に役立つ資格や免許が取得できる
  9. オーストラリア英語はイギリス英語がベースになっている
  10. ビザ取得が他国留学と比較するとスムーズ
  11. セカンドワーキングホリデービザ制度がある
  12. 日本人留学生が少ない
  13. 日本人が少ない都市/学校を選びやすい
  14. 世界中に友達ができる
  15. 日本との時差は1時間だけ
  16. 過ごしやすい温暖な気候
  17. 綺麗なビーチが多く、マリンスポーツが人気
  18. 魅力的なイベントや催事が多い
  19. オーストラリア都市間の移動が容易で安い
  20. オーストラリア周辺国が魅力的な観光地
  21. オーストラリア文化や習慣が日本と異なる

上記のような理由でオーストラリアを留学先として選ぶ決め手となっていることが分かります。
詳しくは以下の記事をご参考ください。

最後に

留学先の選定については適切な判断のもと自分にあった国や都市を選ぶことが重要なポイントです。
まだ留学国/都市を決めかねている方も一度留学カウンセラーへご相談ください。

  1. 留学予算
  2. 将来の目標
  3. なぜ英語が必要なのか?
  4. どのような英語スキルが必要か?
  5. 必要な英語の資格は?

上記のように、留学生一人一人英語を習得する理由は異なります。
ご自身にマッチした最適な留学先や学校、コースを選択し、充実した留学生活を送りましょう。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に