オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

喫煙

オーストラリアはタバコに対して禁止はされていませんが、比較的厳しい国です。

住宅地、公園、ビーチ、レストランでは基本的に喫煙することができません。外で喫煙場所を見けるのも難しく、公共の場所では喫煙してはいけないという条例も多く、煙が他人の敷地に流れることも問題になることがあります。

税金によるタバコ代の値上げや、タバコのパッケージの規制、喫煙場所の制限によってオーストラリア全体の喫煙者の数は減っています。

また、州によっては路上に吸い殻をポイ捨てした場合の罰金は200ドル以上になりますので、注意が必要です。

タバコの販売

税金によるタバコの値上げで、日本の約4〜6倍の値段なので日本に比べると喫煙しにくい環境といえます。20本入りで30ドル前後するのでとても安い買い物とは言い難いのが現状です。

タバコはオーストラリア国内で普通に販売されています。海外からのタバコの持ち込み制限は、大人一人あたり50本までなので、それを超える分は、現地で購入するようにしましょう。入国時に税金を払うよりは現地で購入する方がまだ安いので、免税範囲は超えないようにしておきましょう。

スーパーマーケット、ニュースエージェント、タバコ店、ガソリンスタンドでタバコを購入することが出来ますが、目に見えるように陳列されていないので、購入の際は、店主にタバコがあるかどうかを聞き、自分の好みの銘柄を伝えて購入しましょう。

オーストラリアの喫煙場所

ショッピングセンターや街中であれば、「Smoking Area」と記載のある喫煙所を見つけることができます。住宅街や建物の屋内では基本的に喫煙所は存在しておらず、ビルの裏側や大通りから少し外れた場所にあることが多いです。

自分の家やマンションであれば喫煙することはできますが、ご近所からの苦情が入る場合もありますので、注意が必要です。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に