オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア大学卒業後の就職率・収入(年収)

オーストラリア大学卒業後の就職率

世界ランク1位?!非常に高い就職率

世界的にも教育水準の高いオーストラリアの教育システムを背景に
実は、オーストラリア国内の大学卒業後の就職率は非常に高いです。

QILT (Quality Indicators for learning and teaching)によって
毎年オーストラリア国内の就職状況について調べられているのですが、
2020年度の調査によると、留学生の平均80%〜90パーセント以上の就職率となっています。

就職率が高いオーストラリアの大学

The Graduate Outcomes Survey 2020 (GOS)という調査によると、
2017年以降、オーストラリア大学卒業後の就職率が上がっています。

2017年度の大学卒業後の就職率は73%でしたが、
2020年度の大学卒業後の最高就職率は90.1%と17.1%も上がったという報告がありました。

2020年度、就職率が高かったオーストラリアの大学

2020年度のオーストラリア全土の大学の卒業後の就職率の平均は81%だったので
オーストラリアの国として非常に高いといえるでしょう。

その中でも非常に就職率が高かった大学一覧

Undergraduate(大学生)

  • 【95.5%】Australia Catholic University
  • 【95.2%】The Australia National University
  • 【94.1%】University of Canberra
  • 【93.9%】Charles Sturt University
  • 【93.8%】James Cook University
  • 【93.6%】University of New South Wales
  • 【93.0%】Charles Darwin University
  • 【92.3%】Bond University
  • 【92.3%】Federation University Australia
  • 【92.2%】University of Technology Sydney

※あくまでも、2020年度の平均的なリサーチ結果ですので
大学の学部毎で就職率は多少差がございます。

2020年度、特に就職率が高かった学部

就学内容は非常に複雑ですが、努力が実ったケースが多いようです。

  1. Dentistry
  2. Medicine
  3. Pharmacy

2020年度、比較的に就職に苦労された学部

非常に人気な学部だけあって競争率が高いようです。

  1. Communication
  2. Tourism
  3. Creative arts

オーストラリア名門大学/Group of Eight・グループエイト

オーストラリアの中で世界大学ランキングに入る8つの大学を
Group of Eight・グループエイトと呼びます。

  1. The University of Sydney
  2. The University of Adelaide
  3. Australian National University
  4. Monash University
  5. The University of Western Australia
  6. The University of Melbourne
  7. The University of Queensland
  8. The University of New South Wales

名門校の方が就職率が高いのですか?
とよく質問を受けるのですが、実はそんなに大きな大差はございません。
実際、こちら8つの名門大学以外でも高就職率を出している大学はたくさんございます。

オーストラリア大学卒業後の平均年収

The Graduate Outcomes Survey 2020 (GOS)という調査によると、
2017年以降、オーストラリア大学卒業後の正社員の年収が上がっています。

2017年度の大学卒業後の正社員平均年収は$60,000でしたが、
2020年度の大学卒業後の正社員平均年収は$75,000まで上がったという報告がありました。

卒業生の平均年収が高い大学一覧

  • 【$83,300】The University of Notre Dome Australia
  • 【$83,000】University of Southern Queensland
  • 【$80,200】Central Queensland University
  • 【$80,000】James Cook University
  • 【$80,000】University of New South Wales
  • 【$79,000】University of New England
  • 【$78,500】Charles Darwin University
  • 【$78,000】Charles Sturt University
  • 【$78,300】Curtin University
  • 【$78,000】The Australian National University

※あくまでも、2020年度の平均的なリサーチ結果ですので
大学の学部毎で平均年収は多少差がございます。

オーストラリアで就職をする際に大切な事

もちろん大学の学部や大学である程度将来の可能性をあげる事は可能ですが
オーストラリアは学位と同じぐらい、職務経験の有無は大事な項目となっています。

その為、日本での職務経歴に関連した学部を選ぶなども一つ大切なキーワードです。

違うキャリアで始められてももちろん問題はございませんが
キャリアアップや就職率の高さを考慮した場合は、
同じ/関連したキャリアや業界でプランニングをする方がスムーズな流れになるでしょう。

まとめ

オーストラリア国内で将来就職や永住権を考えている方は、
専門的技術を要する職種になればなるほど将来の可能性が高くなります。

もちろん大学費用などでご不安な点もあるかと思いますが、
日本と比較するとオーストラリアで就職する事によって年収が非常に高いこともメリットです。

大学進学でコースを検討される際に、よろしければご参考にどうぞ。
オーストラリア留学ネットでは、
大学の費用などのお見積書も無料でお作りしておりますので
是非一度お問い合わせくださいませ。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に