オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリアで長期留学に最適な都市を徹底比較

オーストラリアでワーキングホリデーや長期留学をお考えの方は毎年たくさんいらっしゃいますが、皆さん悩むポイントは都市選びではないでしょうか?

オーストラリアは都市によって特徴が違いますし、それによってできることも変わってきますので、しっかりと各都市のことを知っておく必要があります。

今回は長期留学にオススメの都市はどこなのか、オーストラリアの人気の都市を比較してみました。

オーストラリアの人気都市と特徴

オーストラリアでの留学やワーホリの人気都市についてですが、やはりメジャーな都市といえばシドニー、メルボルン、ケアンズ、ゴールドコーストなどが浮かぶのではないでしょうか?

そこでまずは人気6都市のシドニー・メルボルン・ブリスベン・ゴールドコースト・ケアンズ・パースの特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

シドニー

オーストラリア最大の都市といえばシドニー!日本でいう東京のようなイメージで、オペラハウスやシドニーオリンピックなどで有名な誰もが知るオーストラリアで1番人気の都市です!

最大の特徴はとにかく都会で仕事や生活に困らない街ということです。

シドニーにはたくさんのレストラン・カフェ・ショップ・観光地があり普段の買い物はもちろん仕事を探す上でも様々な選択肢がありますのでその点は他都市にはない特徴だといえます。

また近くに有名なボンダイビーチやマンリービーチもあるためビーチライフに憧れる方にもオススメです。

さらに一年中様々なイベントも開催されており、特にニューイヤーの花火は世界でもTOP10に入るほどの迫力で毎年たくさんの観光客が訪れますので生活に困らずたくさんのイベントに参加したいという方には長く住んでも飽きない街といえます。

気候は比較的年中暖かく雨も少ないのため過ごしやすいのがシドニーの特徴で、唯一のデメリットとしては中心部のシティには人が多くシェアハウスなどの家賃が他都市と比べて高いという点が挙げられます。

メルボルン

カフェやヨーロッパ風の街並みが人気のメルボルン。コーヒー文化が根付いていてオシャレな街並みとカフェを楽しめる街として知られていますが、バリスタを目指す人もたくさんメルボルンに来ています。コーヒーが好き、オシャレな街に住みたいということであればメルボルンですね!

街にはアートや音楽などが溢れておりオーストラリアの中でも日本とは違う海外の雰囲気をより感じられるでしょう。

メルボルンもシドニーに次ぐオーストラリア第2の都市であるため、勉強や仕事の面でも困らない街といえます。

またメルボルンは世界一住みやすい街とも言われており、中心部のシティには無料のトラムが走っていたりと大変便利で総合的にも住みやすい街といえます。

メルボルンのデメリットとしては冬は大変寒く、比較的天気も曇りがちという点が挙げられます。

ブリスベン

オーストラリア第三の都市として急速に発展している学生に人気の街!年中暖かい気候と程よい都会で観光客が少なく落ち着いた雰囲気のブリスベン。学生の勉強には最適で、週末にはゴールドコーストなど海にも行ける点は魅力的です。

ブリスベンの街はコンパクトですが、電車やバスなど遅くまで走っており治安も大変よく綺麗な新しい街という印象です。

街の中心に流れるブリスベン川を挟んでシティ、反対側に公園とオシャレなレストラン街があるサウスバンクというエリアがあり都会と自然を同時に感じることができます。

シティには大きな図書館が2つありフリーWi-Fiも充実しているため学生にとっては最高の環境がブリスベンにはあります。

ここ数年でユニクロができたり街には日本でもおなじみのH&M、ZARA, ダイソー, モスバーガーなどのお店もあったりと日本人にとっても買い物や生活も安心してできる街です。

ゴールドコースト

海好きやサーファーに人気といえばゴールドコーストです!

1番の魅力はやはり海の目の前に住めるという点です。どこまでも続く広く綺麗なビーチは流石リゾート地という感じで魅了されること間違い無しの都市です。

年中暖かい気候の中で毎日海を眺めながら生活なんていうのもゴールドコーストでは実現できます。

ゴールドコーストの中心のサーファーズパラダイスはレストランやホテルお土産屋などが立ち並び観光客が常に行き交っていますので夏のシーズンは夜まで賑やかなのが特徴です。

ただ、日本人に人気な場所ですので比較的日本人を見かける機会が多く、英語環境を希望の方は高い意識で行動することも必要となってきます。

ケアンズ

日本から最も近くグレートバリアリーフなど観光地として有名なケアンズ。

ケアンズでは観光客を対象とした仕事が多くあり、ツアーガイド、お土産屋、ホテル、レストランなど旅行関係の仕事に就きたい方にとっては最適な街であるといえます。

また自然が好き、海が好き、ゆっくり暮らしたいという方にもケアンズは最適な都市と言えるでしょう。

ただ、ケアンズ自体は非常に小さな街で日本人も比較的多いので、たくさんの人との出会いを希望される方には向いていないかもしれません。

パース

西オーストラリアにある人気都市パース。

パースは他の都市と違い西オーストラリアにあるため他の都市とはやや雰囲気が変わってきます。

日本人が少なく街も非常に綺麗なのでパースに住むと気に入って長く住むという人がたくさんいらっしゃいます。

仕事探しについてはシドニーなどと比べるとやや難しくなります。ただ、時給が高い場所が多いため、より多くチャレンジしたいという方には住みやすい最適な都市になります。

目的別で都市を選ぶ

①勉強を頑張りたい

  1. ブリスベン
  2. シドニー
  3. メルボルン

ブリスベンは有名なクイーンズランド大学を始めたくさんの語学学校もあり勉強には最適な街です。気候も良く観光客も少ないため比較的落ち着いており程よい都会と自然が融合した大変住みやすい街です。

シドニー・メルボルンも語学学校の数は多く勉強の選択肢が多く勉強に向いた街といえます。

②仕事の見つけやすさ

  1. シドニー
  2. メルボルン
  3. ブリスベン

仕事量はシドニーが最も都会であるためダントツで多いです。日本食レストランの数はもちろん、カフェ、またツアーガイドやお土産屋など観光のお仕事につけるチャンスも多いです。

大きな都市ほど仕事は多いですが、観光系のお仕事を探すのであればケアンズにもチャンスは多いと言えます。

各都市の主な仕事一覧

  • シドニー:レストランやカフェから日系企業の観光の仕事など豊富
  • メルボルン:仕事は多め・カフェは競争率が高い・観光の仕事は少なめ
  • ブリスベン:仕事は多め・観光の仕事はほぼなし・ローカルGetは英語力が必要
  • ゴールドコースト:仕事はレストランやホテルのクリーナーなど選ばなければ多い、小さい街なので季節により変動
  • パース:仕事はある程度あるが観光系や日本人向けの仕事は少なめ・時給は他都市より高めの場所が多い
  • ケアンズ:観光が盛んなのでレストラン・お土産屋・ツアーガイドなど

③とにかく日本人が少ない場所がいい

  1. パース
  2. その他の地方都市

小さい街に行けば行くほど日本人は当然少なくなります、ただケアンズとゴールドコーストは日本人の比率が高いです。

どの都市に行っても自分の努力次第で英語環境は作れますので、日本人が少ないからというだけで地方に行くというのはオススメできません。

④生活費で比較

  1. ケアンズ
  2. ゴールドコースト
  3. パース
  4. ブリスベン
  5. メルボルン
  6. シドニー

家賃など一般的に安いのはやや小さい街であるケアンズやゴールドコーストです。大都市になればなるほど生活費は高くなります!

特にシドニーやメルボルンの家賃相場は高めです。

ただイベントの多さや仕事量・生活の便利さなどを考えると大都市に住むメリットも多いです。

まとめ

人それぞれ目的や好みが違いますので、まずは各都市の特徴を知って自分が希望する条件の学校がある場所を選ぶことが重要です。

語学留学やワーキングホリデーに行って自分がやりたいことのイメージをしたり、確かな情報を集めることで海外生活がさらに楽しみになってくると思います。

長期留学の場合はしっかりと学校や卒業後の仕事など計画や目標を立て、後悔のないような留学をして頂ければと思いますので、何か不安なことや気になることなどございましたら一度ご相談ください。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に