オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【オーストラリア留学】オーストラリアのバックパッカーズやホステルについて

オーストラリアに留学したら、国内を旅行することも留学の楽しみの一つだと思います!
「オーストラリア一周」「1ヶ月間自由気ままに旅行していた。」ワーホリ中の方や留学生がこういった経験をした。のはよく聞くけど、そんなお金ない…。と思っているアナタ!決して皆豪華なホテルに1ヶ月も宿泊しているわけではありません。

費用を抑えて、旅行する方法の一つをお教えします!

バックパッカーズやホステルとは

バックパッカーズってなに??

最近は日本でも多く見かけるバックパッカーやホステル。
海外では、日本よりも主流です。安価で気軽に泊まれるため、多くのバックパッカーや留学生に人気の宿泊先です。

世界各地からの旅行者、留学生が多いオーストラリアでは、多くのバックパッカーズやホステルがあります。その、宿泊料金や設備や利用方法を詳しくご紹介します。

バックパッカーズ・ホステル

バックパッカーズ・ホステルは完全素泊まり。ドミトリー型(2段ベットが大部屋にいくつかあるような形)で安価で泊まれる宿のことを指します。また、基本的にバスルーム、トイレ、キッチンなどの設備は共用です。

素泊まりなので食事の提供などはしていないですが、オーストラリアでは、多くのバックパッカーズで「Free Breakfast」というシリアル、食パン、コーヒーなどの簡単な朝食がラウンジに用意されていて、自由に食べていいものが用意されていることが多いです。

また、バックパッカーズが主催している「Free BBQ, Party nighit」「Ping pong Night」といった宿泊客同士が交流できるようなイベントを毎週開催していることもあります。

バックパッカーズの設備

部屋タイプ

  1. ドミトリー
  2. ツインルーム
  3. シングルルーム

バックパッカーズの部屋といえば、ドミトリー・ルームが主流ですが意外にもシングルまたはツイン・ルームもあります。また、共同スペースはキッチン、バスルーム、ランドリールームがあります。

ドミトリー

バックパッカーズといえば!の部屋タイプです。
大部屋に2段ベッドが2〜4つあり、4人〜8人部屋になります。男女共同の部屋タイプと男女別の部屋タイプも分かれているため自分にあった部屋タイプを選択することが可能です。
「Woman Only」「Man Only 」タイプは男女共同よりも費用が少し高く設定されている場合が多いです。
一つの部屋の人数が多いほど、費用は安くなりますが、騒音やプライバシーも気になるといったところです。
費用を抑えたい方は、男女共同の人数が多いと部屋タイプを選ぶといいでしょう。

女性は、着替えの時や夜の安全面で大部屋であっても「Woman only」の部屋タイプを選ぶ方が多いです。

シングル・ツインルーム

あまり知られていないですが、バックパッカーズやホステルでもシングルルーム・ツインルームも存在します。
部屋に必要最低限のものしか無かったり、素泊まりといったところは変わらないですが、一人の部屋でプライベート空間が欲しい方は、ホテルよりも安価宿泊できるため、とってもオススメです。

長い期間旅行をしていて、バックパッカーズを転々としているとどうしても疲労は溜まってきます。
1泊だけシングルルームを利用する。といった利用のしかたもバックパッカーの間では人気です。

共同スペース

バックパッカーズは基本的に、自分のベッド意外はすべて共同のスペースとなります。

キッチン

バックパッカーズは自由にキッチンを利用することが出来ます。共同キッチンには必要最低限の調理器具(鍋、フライパン、ザル、)などが備えてあり、自由に使うことができます。

調味料は用意されていないことがほとんどですので各自で用意する必要があります。 バックパッカーズにもよりますが、「Free」とかかれている油や塩などの調味料を置いている場合もあります。

冷蔵庫もキッチン内に設備されているので、自由に使う事ができます。しかし、冷蔵庫内はバックパッカーズ側の管理がいきとどいていない事が多いです。それぞれの調味料や食品は、保冷バッグに入れて管理したり、名前を書いたりと工夫が必要です。中には、管理を知っかりしていても、食材が紛失してしまうこともあります。

※使用後は、キッチンの流しに洗剤とスポンジが用意されているか、食洗機を置いていることがほとんどで、使った調理器具や食器は洗って戻すのがルールになります。

バスルーム

バスルームは基本的に共同で利用します。シャワールームとトイレは別にあるところや、ユニットタイプのバス・トイレすべて同じの所もあります。シャワールームがいくつか並んでいるタイプが多くシャンプー・タオル・歯ブラシといったアメニティは一切用意されていません。各自用意しておく必要があります。

古いバックパッカーズだと水が十分に出ないこともありますので、予約サイトの口コミや写真をみてしっかり確認しておくといいでしょう。

利用する際に注意点

  • 必要な持ち物が多い
    バックパッカーズはあくまでもホテルとは異なるので、必要最低限のものしかありません。
    ※大部屋では人の出入りも多く、騒音・部屋の光がきになる場合もあります。アイマスク・耳栓などのアイテムも持参することをオススメします。
  • 貴重品、荷物の管理に注意
    貴重品は肌身離さず持つようにし、部屋に貴重品ロッカーがあれば利用してもいいでしょう。しかし鍵も自分で用意し無いと行けないのと簡易な鍵だと壊されてしまう可能性もあるので、注意しましょう。特に気をつけて頂きたいのは、バスタイムの時間です。貴重品の管理がついおろそかになってしまう事が多いのでしっかりと目を離さないようにしましょう!!

各主要エリアの人気バックパッカーズ一覧

各都市たくさんのバックパッカーズホステルが存在するため、「結局どこがいのかわからない!」という方には宿泊地域に注目することで、利用客の客層が変わっています。
【POINT】

  • 中心部(にぎやかな客層が多い・各駅までのアクセスはいい)
  • 大型バックパッカーズ(若い層の客層が多い・友達をできる機会が多い・施設自体はキレイ)
  • 郊外(静かな方が多い・建物自体は古くてもキレイにされいている事が多い)

比較的、静かな客層の所に宿泊したい場合は、シティ中心部よりもシティから外れたところの方がオススメです!!
反対に、にぎやかな環境で友達をたくさん作りたい!一緒に楽しみたい!という方は、シティ中心部の大型バックパッカーズがオススメです。

オーストラリアバックパッカーズ都市別一覧

まとめ

オーストラリアバックパッカーズ・ホステルについてご紹介してきましたが、ホテルに比べてかなり費用を抑えて宿泊することができます。

注意しなければならない点もいくつかあり初めは戸惑うことも多いかもしれませんが、慣れてくるととても便利に使うことができるので、
みなさんもぜひバックパッカーズ・ホステルを利用して留学・ワーホリ中に魅力がたくさんのオーストラリアの旅行に行ってみてくださいね!!

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に