オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

ワーキングホリデーをする人の所得税

所得税とは?

所得税とは、利益に対してかかる国の税金のことで、個人の所得(収入から必要経費を差し引いた利益)に対して課される税金でです。

ワーキングホリデーをした人はジャパニーズレストランやローカルジョブ、ファームなどで働くことになると思いますが、その給与に対してかかってくる税金のことになります。

基本的には給与からの所得税を引かれた金額が手取りの金額になります。毎年7月1日から6月30日までの会計年度の間に稼いだ給与を税務署に申告する(確定申告、タックスリターン)必要がありますので、忘れずに申告するようにしましょう。

ワーキングホリデーの所得税はいくらになるか

2017年1月1日から新税制が適用され、ワーキングホリデー滞在者の税金が変更になりました。ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在している人は、非居住者にあたり37000ドルまでの収入には一律15%の税金が課せられます。

ワーキングホリデーのタックスレート

オーストラリアの税務署(Australia Taxation Office)によると税率は下記のようになります。計算方法を追記していますので、所得税の計算をする際にご利用ください。

課税所得 税率 計算方法
0〜37,000 15% (X)×0.15
37,001〜87,000 32.5% (X-37,000)×0.325+5,550
87,001〜180,000 37% (X-87,000)×0.37+21,800
180,000〜 45% (X-180,000)×0.45+56,210

ワーキングホリデー滞在者の所得税の計算方法

会計年度中に15,000ドル稼いだ場合

例えば、会計年度である7月1日から翌年6月30日の間に15,000ドル稼いだ場合の所得税はいくらになるのか計算してみました。

計算式:15,000×0.15=2,250

15,000ドルに対して、15%の税金がかかるので、所得税は2,250ドルになります。

会計年度中に40,000ドル稼いだ場合

例えば、会計年度である7月1日から翌年6月30日の間に40,000ドル稼いだ場合の所得税はいくらになるのか計算してみました。

計算式:(40,000-37,000)×0.325+5,550=6,525

40,000ドルに対して、37,000ドルまでは15%、それを超えた部分は32.5%の税金がかかるので、所得税は6,525ドルになります。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に