オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア留学のデメリットとは?

オーストラリア留学のデメリットとは?

本編はオーストラリア留学のデメリットについて掲載しています。オーストラリア留学といっても留学には良い点もあれば悪い点もあります。何事にも言えることですが、メリットや良いことだけを想定してオーストラリアに渡航するより、事前にデメリットやリスクについても理解しておくべきだと言えます。

オーストラリア留学する前にメリットもデメリットも詳しく確認してから、準備や対策を考えながら留学プランを考案していく為にオーストラリア留学、生活面でのデメリットを確認しておきましょう。

オーストラリア留学生活のデメリット

日本と比べると物価が高い

インターネットでもよく見かけますが、オーストラリアの物価は日本と比較すると1.3〜1.5倍程度になります。輸入品に頼っているオーストラリア経済、平均収入が日本の約2倍にもなる実態から、物価が日本と比較して高くなるのは当然と言えるでしょう。

全ての商品やサービスが日本より高くなるというわけではなく、特に野菜やフルーツなどの第一次産業品については日本より安くなる商品も多いです。

基本的にはオーストラリアでの日常的な支出は日本より増えると思ったほうが賢明です。

オーストラリア(参考) 日本(参考)
ハンバーガー(マクドナルド) 6ドル(480円) 390円
果物(りんご) 4ドル(320円) 500円
コーラ 3ドル(240円) 150円
ボディソープ 11ドル(880円) 700円
Tシャツ 15ドル(1,200円) 900円
ビール 7ドル(560円) 300円

※1ドル = 80円

太っていることに気付かない

オーストラリアに到着後まず初めに感じることは「オーストラリア人って大きいな」「自分は日本ではデカイ方なのに、オーストラリアでは小さいな」と、オーストラリア人の体の大きさにびっくりする事があります。

長期留学やワーキングホリデーで長期で滞在していると食生活や生活習慣も日本で生活している時と比べて変化してきたり、体が大きくなってきたりする方も多いです。(太るということです。)

日本に帰国した時に「あれ、自分何か大きいな・・・」っというような事になってしまう場合も少なくないので、食生活には十分気をつけましょう。

吉野家・なか卯・すき家・松屋がない

多くの日本人男性の食生活を影で支え続けている「どんぶりチェーン」。お財布にも優しい金額で満腹にしてくれる丼や定食はオーストラリアではなかなか味わえません。別に必要ないし、関係ない!という方も多いと思いますが、ショック受けられる方も多いのでデメリットとして記しておきます。

シドニーやメルボルンなどの都市部でも、ジャパニーズレストランでは取り扱っているお店もございますが、700円〜1,200円程度と日本に比べると高価になります。しかし、日本の味、価格、満足度のお店は無く、牛丼ファンの方には悲しい現実が待っていますので、オーストラリア出発前に食べておくと良いでしょう。

家賃が高い

特にシドニーやメルボルンなどの都市部のシティー中心地に限って言えば、地価が年々上がっている為、家賃が高くなってきています。シドニーやメルボルンだけに限らず、ブリスベンやゴールドコーストの中心地でも家賃の高騰は起きていますので、一概にどの都市の家賃が高くなっているというのは言い切れませんが、都市部の中心地の家賃は値上がりの傾向にあります。

AUドル 日本円
シドニー1ルームスタジオの家賃 300〜350ドル/週 24,000〜28,000円/週
シドニーシェアハウス2人部屋の家賃 180〜250ドル/週 14,000〜20,000円/週
シドニーシェアハウス4人部屋の家賃 130〜170ドル/週 10,000〜13,000円/週
メルボルン1ルームスタジオの家賃 280〜350ドル/週 22,000〜28,000円/週
メルボルンシェアハウス2人部屋の家賃 180〜250ドル/週 14,000〜20,000円/週
シドニーシェアハウス4人部屋の家賃 130〜170ドル/週 10,000〜13,000円/週

※1ドル = 80円

  1. シティー中心地から2〜3駅離れた都市に住む
  2. 1人部屋より人数の多いシェアハウスに移る
  3. ホームステイや学生寮への入居を避ける

家賃や生活コストは日本と比較すると上がるのは事実ですが、オーストラリアでは収入も増えるのでオーストラリア留学、ワーキングホリデーでも仕事を始めると物価や家賃について気にならなくなります。

最低賃金が日本円で1,500円を超え、オーストラリア人の平均年収は日本の平均年収の約2倍になるので、家賃や物価が日本と比べて高くなるのは当然だと言えるでしょう。

紫外線が日本の5倍〜10倍の強さ!

オーストラリアの紫外線は日本の5倍〜10倍とも言われ、皮膚ガンや白内障等の深刻な病気の原因になる場合もあるので、外出時は要注意です。

なぜ紫外線が強いのかと言うと、人類の産業、経済成長によりフロンガスの排出に代表される大気汚染物質の排出量が増えたことが原因でオゾン層が破壊され、太陽から降り注ぐ紫外線をカットする十分なオゾン層が無いことが原因となっています。

日焼け止めクリーム、サングラス、日焼けを避ける等、外出時の日焼け対策には気を払うようにしましょう。

「締めのラーメン」が「締めのケバブ」に変わる

オーストラリアで出会った友達と週末は遊びに出かけたり、オーストラリアでは週末ビーチやお庭でBBQをしたりする機会も多いです。日本では飲んで家に帰る前に「締めのラーメン行ってから帰ろう!」なんてなることもあるはず。

残念ながら21時を過ぎると殆どの日本食レストランは閉まってしまいますので、「締めのラーメン」を求めるタイミングにラーメン屋が開いていることはありません。

オーストラリアではレストランやショップが閉まるのが20時〜21時で早く、飲み会やパーティーが終わった後に空いているお店がマクドナルドやバーガーキングなどのファストフードチェーン、ケバブ屋しかありません。

「飲んだ後はケバブが1番」って思うようになると、あなたも完全にオーストラリアに馴染んだ証です。

クリスマスが真夏

オーストラリアは南半球に位置している為、日本の冬の時期はオーストラリアは真夏です。日本とオーストラリアの季節は正反対になるためクリスマスシーズンのオーストラリアは真夏という日本人にはちょっと想像し難い状況になります。

クリスマスのボンダイビーチの様子

今までと雰囲気も景色も違うクリスマスシーズンは日本人にとっては違和感がありますが、ビーチでサンタクロースコスプレしたり、今までに経験したことのないクリスマスの雰囲気を味わうことができます。

オーストラリア語学学校関連のデメリット

オーストラリア留学中の生活面でのデメリットについて述べてきましたが、ここからは語学学校に関するデメリットにも触れていきます。

オーストラリアのアクセントが難しい?

オーストラリアの語学学校で学ぶ英語については綺麗な発音、アクセントでリスニングに不便することもありません。勘違いされる方も多いのですが、一般的に留学生活中にオーストラリアアクセントを聞くタイミングはほとんど皆無と思って頂いて構いません。

オーストラリアの発音、アクセントの特徴として良く例に挙げられがちな「G’day mate」=「グダイ マイ」のような強烈なアクセントを使うのは、現在では郊外在住のお年寄りくらいか、もしくはもう死語になっている可能性もあります。

特にシドニーやメルボルン、ブリスベンなどの都市部でのアクセントや訛りは特にないのでオーストラリアの訛りやアクセントを気にされている方は心配なさらず。

語学学校が多く選定が大変

オーストラリアには語学学校、専門学校、大学を含む教育機関の数が非常に多く、世界を代表する留学大国にまで成長しました。語学学校は各都市に数多くあり、シドニーやメルボルンには50校を超える数の留学者向け語学学校が存在します。

更に、オーストラリアの教育、留学サービス法のESOSにより、オーストラリアの語学学校の品質は政府によって管理、監督されている為語学学校のカリキュラムや教師品質は高く、政府によって品質維持されています。

留学目的、取得したい資格などを明確にしてご希望に合った語学学校を選択して後悔の無い語学学校選定をしましょう。

日本人コミュニティーが多い

オーストラリアに限らず、アメリカやカナダ、イギリスにも同じことが言えるのですが、オーストラリアにも日本人コミュニティーは多く存在していて、長期滞在している人ほど日本人コミュニティーにどっぷり浸かる傾向があります。

短期間で出来るだけ英語力をアップしたい人にとっては気をつけたいのは、日本人コミュニティーにできるだけ属せず、英語環境を保ちながら英語を聞く機会、話す機会をしっかり作っていくことです。

  • 学校卒業後に滞在都市を変える
  • 日本語サイトを利用してシェアハウスを探さない
  • 日本人比率の低い語学学校に留学する
  • 日本人にも英語で話す
  • 外国人パートナーをGETする
  • 日本食レストランで働かない

最後に

オーストラリア留学のメリット・デメリットをしっかり理解して有益な留学生活を送りましょう。

海外生活では予想外の事件や災難に巻き込まれる可能性も少なからずあります。オーストラリア留学のメリットだけでなくデメリットも理解しておき、海外生活のリスクや英語学習のモチベーション低下に繋がるリスク避けれるようにしておきましょう。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に