オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル8F「淀屋橋駅」「北浜駅」直結
LINEで無料留学相談
LINEで無料留学相談

【国内で時差があります】オーストラリアの時差について

オーストラリアの本土のタイムゾーンは東から東部、中部、西部の3つに分かれています。

東部と西部の日本との時差は1時間ほどで、中部は30分ほどなので、日本との時差はほとんど感じることなく生活することができます。

東部にあたるクイーンズランド州(QLD)、ニュー・サウス・ウェールズ州(NSW)、ビクトリア州(VIC)、首都特別地域(ACT)は日本より1時間早く、ノーザン・テリトリー(NT)、南オーストラリア州(SA)の中部は30分早いです。西部にあたる西オーストラリア州(WA)は、日本より1時間遅い時間帯です。

サマータイムについては州ごとに採用するかどうかを決定しており、ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州(VIC)、タスマニア州、南オーストラリア州(SA)の4州と首都特別地域(ACT)が採用しており、10月の第1日曜日午前2時が3時に、翌年の4月の第1日曜日午前3時が2時に戻ります。これにより日本との時差が1時間増えることになりますので、都市間を移動される際はサーマータイムのことも念頭に入れておきましょう。

オーストラリアの時差早見表(シドニー)

通常時

現地 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

サマータイム(10月第一日曜日〜4月第一日曜日まで)

現地 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9
\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に