オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリアで近年人気急上昇中の「パース」で大学進学しよう!!

オーストラリアの大学へ進学する

オーストラリアの大学はなぜ人気なのか

  • 進学の流れがシンプル
  • 世界TOP100に入っている大学も多い
  • 実践重視で就職に強い
  • 他国と比べて入学しやすい

上記にあげたとおり、メリットがたくさんあります。他にも都市としてのメリットや大学ごとの特色が大学進学を検討している方にマッチしやすいところが特徴です。他にもオーストラリア全体として「治安が良い」や「移民に優しい文化」などもあり、近年オーストラリアの大学進学を目指されるかたが増えています。このページを最後まで読まれた時には「パースの大学に通いたい!」と思っていただけると思います!

大学進学する際に確認しておくポイント

入学条件

ここでは「マードック大学」を例にします。
例)Bachelor of Arts (BA) in Tourism and Events|文学部-観光+イベントコース 公式ページ

高等学校 卒業証明書(卒業見込み)
最終学年の成績が平均3.5以上(5点満点)
英語力 IELTS 6.0以上
PTEアカデミック 50以上
TOFEL IBT 74以上
OET C以上
大学準備コースや指定のDiplomaコース、IB Diplomaなど
※詳細はお問い合わせ下さい。

他都市の大学ですと“IELTS6.5以上”“大学準備コース必須”などの条件があり、大学進学までの道のりが長くなりがちですが、現時点で英語力に自信がない方でも予算や期間的にとても予定が立てやすくなります。

将来キャリア/目標設定を忘れずに


正直な話、大学進学を検討されている方の中でも、「ぼんやり」とされている方は非常にたくさんいらっしゃいます。ぼんやりとした将来キャリアでも全く問題ありません。
なぜなら“大学入学してから将来を決める”が一番理想的だからです。
オーストラリアに渡航し、学校に通い、外国籍の友達がたくさんできます。絶対と言えるほど、ほとんどの方が人生観や価値観が変化しますので、「逆に決めすぎない」ことも大事です。現地での基本的な生活の仕方や気をつけるべき事は事前にご案内をしていますのでご安心ください。

都市選定


オーストラリアのそれぞれの都市に大学があります。ご自身に合った都市で学ぶことが一番ですが「行ったことがない都市」が自分に合っているかわかりませんよね?
オーストラリア留学netのスタッフの多くがほとんどの都市に行ったことがありますので、是非お電話やご来店にてリアルな話を聞いてみてはいかがでしょうか?→LINEで連絡

大学がある都市

  • シドニー
  • メルボルン
  • ブリスベン
  • パース
  • アデレード
  • ゴールドコースト
  • サンシャインコースト
  • キャンベラ
  • ダーウィン
  • タスマニア

また、大学のキャンパスは広い事が多いため、少し都市部から離れた郊外にある場合が多いですので、GoogleMapなどで事前に把握することをオススメいたします。

英語環境に浸かりたいならパースの大学はオススメ


そもそもパースに住む日本人の人口は約7,000人。シドニーやメルボルンは20,000人以上が住んでおり、日本語に触れる機会が少なくなります。ヨーロッパやオーストラリア国内での移住者が多いパースは必然的に日本語を話す機会が少なくなります。その分ジャパニーズレストランなども少ないのでアルバイト探しなどは苦戦する可能性もありますが、ローカルジョブをゲットできる可能性も高くなるので英語環境に浸りたい方にはとってもオススメ!長期間学校に通っていればローカルジョブに必要な英語力も必然的についてくるので、安心です。

パースでの大学進学がオススメの理由

  • 語学学校から編入ができる? = 大学入学しやすい?
    →シドニー等の大学に比べ、入学要件が低い大学もあって留学プランが立てやすい。
  • 名門大学が多い
    →カーティン大学やマードック大学、西オーストラリア大学など実績も豊富な大学がほとんど。
  • 日本人比率が低い都市
    →前述のとおり日本人が少なく、英語環境に浸ることができる。
  • 時給が高い
    →そもそもオーストラリアの最低賃金は高いですが、パースでは最低賃金を割るような仕事が少なく、しっかりと働けることがアピールできれば時給の高いお仕事に巡り合う確率も高くなります。
  • オーストラリアらしい生活ができる
    →パースはバスや電車で行ける範囲にビーチた森などたくさんの自然があり、都市部にもたくさん公園があったりと、常に自然を目にしながらの生活ができます。

パースの大学紹介

マードック大学

大学公式サイトはこちらから

マードック大学はパース中心地からバスで約30分程度の場所に位置しています。「マードック大学」という名前は学者で随筆家、創立者の「ウォルター・マードック」氏の名前からとられました。オーストラリアの大学の中でも随一の敷地面積を誇るマードック大学では動物飼育していたりと豊かなオーストラリアの土地を最大活用しています。また、多くの教員が博士号を取得しており、学問への探求心はオーストラリアの大学随一といえるでしょう。

設立 1973年
運営 公立
生徒数 約14,000人
留学生数 約2,000人
講師数 約1,400人
学期 2学期:2月,7月
キャンパス Murdoch/Rochingham
QS世界大学
ランキング
571-580位

入学条件

高等学校 卒業証明書(卒業見込み)
最終学年の成績が平均3.5以上(5点満点)
英語力 IELTS 6.0以上
PTEアカデミック 50以上
TOFEL IBT 70以上

※学部によって(看護コースなど)入学条件が異なりますので、予めご注意ください。
※高等学校での成績が足りない場合、「ファウンデーションコース」もしくは「ディプロマコース」からの大学進学が可能です。

エディス・コーワン大学

大学公式サイトはこちらから

エディス・コーワン大学はパース中心部から電車で30分ほどの「ジュンダラップ」という街にメインキャンパスがあります。「エディス・コーワン」は、オーストラリア初の女性議会議員の名前が由来です。幅広い専門コースがあり、かつ留学生を多数受け入れており、多彩なコースも相まって人気のある大学です。

設立 1912年
運営 公立
生徒数 約23,000人
留学生数 約4,000人
講師数 約1,700人
学期 2学期:2月,7月
キャンパス Joondalup/Mount Lawley/South West
QS世界大学
ランキング
651-700位

入学条件

高等学校 卒業証明書(卒業見込み)
最終学年の成績が平均3.6以上(5点満点)
英語力 IELTS 6.0以上
PTEアカデミック 50以上
TOFEL IBT 70以上

※学部によって(看護コースなど)入学条件が異なりますので、予めご注意ください。
※高等学校での成績が足りない場合、「ファウンデーションコース」もしくは「ディプロマコース」からの大学進学が可能です。

西オーストラリア大学

大学公式サイトはこちらから

西オーストラリア大学は、西オーストラリア州で最も歴史のある大学でパース中心地から電車で15分程度の場所に位置しています。オーストラリア8大学(Group of Eight)に名を連ねる大学で毎年、世界大学ランキングでも100位以内と、教育水準が高い有数の大学です。

設立 1911年
運営 公立
生徒数 約20,000人
留学生数 約4,000人
講師数 約3,000人
学期 2学期:2月,7月
キャンパス riverside
QS世界大学
ランキング
86位

入学条件

高等学校 ※附属の「テイラーズ・カレッジ」からの進学のみ
英語力
※附属学校
ファウンデーションコース:IELTS5.5以上
ディプロマコース:IELTS6.0以上
※ディプロマコースはコース修了後、大学2年次へ編入
別途、進学英語コースあり(IELTS4.5以上)

※学部によって(看護コースなど)入学条件が異なりますので、予めご注意ください。

カーティン大学

大学公式サイトはこちらから

カーティン大学は西オーストラリア州で一番大きい大学で、パース中心地から電車で30分程度の場所に位置しています。「カーティン」という名は、オーストラリアの元首相の「ジョン・カーティン」から名付けられています。カーティン大学はパース以外にもシドニーや海外キャンパスもあり、世界的に人気な大学でもあります。元は「カーティン工科大学」という名前で、工学部が有名で世界でも上位にランクインする学部を有しています。

設立 1966年
運営 公立
生徒数 約48,000人
留学生数 約15,000人
講師数 約3,100人
学期 2学期:2月,7月
キャンパス Bentley/Sydney
QS世界大学
ランキング
230位

入学条件

高等学校 卒業証明書(卒業見込み)
英語力 IELTS 6.5以上
PTEアカデミック 58以上
TOFEL IBT 79以上

※学部によって(看護コースなど)入学条件が異なりますので、予めご注意ください。

ノートルダム大学

大学公式サイトはこちらから

ノートルダム大学はパース中心地から電車で30分程度の港町「フリーマントル」に位置しています。ローマ・カトリック系私立大学でアメリカのインディアナ州サウスベンド市にある、ノートルダム大学と親しい関係ですが「別」の大学です。オーストラリアの中では規模の小さい大学で、創立して期間の浅い大学ですが生徒数が毎年増えている注目の大学です。看護コースは西オーストラリア州北部の「ブルーム」キャンパスで開講されており、他のオーストラリアの大学とも少し変わった街で学習することができます。

設立 1990年
運営 私立
生徒数 約7,000人
留学生数 約800人
講師数 約200人
学期 2学期:2月,7月
キャンパス Fremantle/Broome/Sydney
QS世界大学
ランキング
不明

入学条件

高等学校 卒業証明書(卒業見込み)
英語力 IELTS 6.5以上
PTEアカデミック 58以上
TOFEL IBT 84以上

※学部によって(看護コースなど)入学条件が異なりますので、予めご注意ください。

大学進学の流れ

  1. 大学選定
  2. 語学学習期間の算出(弊社レベルチェックテストにて)
  3. 無料&無制限のオンライン英会話レッスンスタート
  4. 入学方法の選定
    ダイレクトエントリー/ファウンデーション/ディプロマ
  5. 費用と期間のプランニング
  6. 学校申込
  7. 最終プラン/スケジュールの確定
  8. 学費お支払い/ビザ申請/渡航準備
  9. オーストラリアへ渡航!
  10. 語学学校or附属学校へ入学
  11. 学生寮/ホームステイ→安いシェアハウスへ引っ越し
  12. アルバイト探し
  13. プランで設定したコース・期間を卒業
  14. 大学入学!!

最後に


いかがでしたでしょうか?パースで大学進学の魅力はまだまだこれだけではありません!このページでは大学と街の魅力や自然の魅力をざっとご案内しているだけですので、ほかにもたくさんの魅力がありますので、是非こちらのページも見てくださいね!
人それぞれに留学・進学のプランは変わってきますので、お気軽にお問い合わせください!「費用ってだいたいどれぐらい?」「アルバイトって簡単にみつかるんですか?」など簡単な質問からでも全く問題ございませんので、LINE公式アカウントまで!
それでは皆様の留学が素敵な体験となりますように!!


\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に