オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
大阪オフィス(心斎橋駅徒歩3分)でお待ちしております
月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【看護留学】オーストラリアでアシスタントナースとして働くと給料はどれくらい?

日本で看護師として働いている人で、海外で看護留学をしてみようと考えている人もいると思います。

特にオーストラリアは看護師さんの待遇が非常によく、お給料も日本と比べてかなり高いです!

正看護師でなく、アシスタントナースだと語学力もそれほどないので、比較的簡単に働くことができますよ!

動画で概要をまとめているので、よければ最初にご覧ください。

アシスタントナースとしてオーストラリアで働きお金を貯めて帰国する人も

オーストラリアの看護師は日本よりも待遇がよく、お給料も日本より多くもらえます。

また、円安効果もあり、今オーストラリアで看護師として働くと、日本よりかなり儲かるのも事実です。

オーストラリア留学ネットでお申し込みされる方の中でも、お金を貯めることを目的として、オーストラリアへ看護留学する方もいるほどです。

オーストラリアのアシスタントナースの給料事情

オーストラリアでアシスタントナースとして働く場合の給料の目安はこちらです。

平均時給 $32(2022年度)
38時間/週 働いた場合の1週間分の給料 $1,216
38時間/週 働いた場合の1ヶ月分の給料 $4,864
38時間/週 働いた場合の10ヶ月分の給料 $48,640

あくまでも目安なので、参考程度にご覧ください。

2022年度の看護師の平均時給は32オーストラリアドルです。

1豪ドル95円換算だと時給は3,040円くらいですね!

オーストラリアでアシスタントナースとして働いた場合の、1ヶ月のお給料はだいたい48万6千円ほどが目安となります。

円安もあって、もらうお給料の金額は日本円換算するとかなり増えています。

2020年までは1豪ドル60円前後でしたが、2020年現在は1豪ドル95円前後となっており、50%ほどアップすることになりますからね!

では、このお給料をもらうために、どれくらい働かないといけないのか?

そもそも、オーストラリアは勤務体制がきちんと整えられており、日本よりも非常に働きやすい環境を整備されています。

オーストラリアの看護師(アシスタントナース)の待遇もいい!

日本と比べてお給料が多いのは、仕事が多いからではありません。

オーストラリアでは看護師に対する、精神的・身体的、健康管理の配慮・サポートが怠われないよう、幅広い看護業務内容を3種類に分担されています。

  1. AIN (Assistant in Nurse) – 看護助手・介護士
    主な看護助手・介護士仕事の内容としては、
    清掃や機器対の準備からはじめ麻酔患者のサポートなど正看護師のサポートを全般的に行います。
  2. EN (Enrolled Nurse) – 准看護師
    主な准看護師の仕事内容としては、患者の検温・血圧を確認など行います。
    ナースとの経験値が高くなるにつれて、正看護師の管理の元で応急処置などを行う事もあります。
  3. RN (Registered Nurse) – 正看護
    主な正看護師の仕事内容としては、治療の補助や患者さんのケアを行います。
    薬の投与など重要なタスクが多く、介護士や准看護師と比べかなり複雑で忍耐力が必要な仕事内容です。

オーストラリアでは、業務をはっきり分ける事によって看護師の負担を軽減し、尚且つ効率よく業務を行えるようになっています。

さらに詳しいオーストラリアの看護師さんの業務内容はこちらで詳しくまとめています。

詳しい業務内容や勤務体制、有休など細かい内容をまとめています。

日本とオーストラリアの看護師の教育・職場環境の違い

では、アシスタントナースとしてオーストラリアで働くには、どれくらい英語を話せないといけないのか?

アシスタントナースとして働くために必要な英語力は?

オーストラリアでアシスタントナースとして働くためには、アシスタントナースの英語入学条件は、IELTS 5.0 ~ 6.0が必要です。

正看護師の場合は、7.0以上が必要なので、まだハードルは低いですね。

7.0以上の語学力はかなりハイレベルであり、英語力の個人差はありますが、12-24ヶ月は語学学校で英語の勉強をすることになります。

IELTSについては、詳しくこちらのページで紹介しているので、合わせてご覧ください。

オーストラリア留学【IELTSシリーズ①】IELTS(アイエルツ)検定試験とは

オーストラリアでアシスタントナースになる方法

オーストラリアでアシスタントナースになる為には、Certificate Ⅲ以上のコースを就学し資格を取得する事が必要です。

  • Certificate Ⅲ Health service Assistance
  • Certificate Ⅲ individual support

オーストラリアの中でも様々な学校がコースを提供しています。

  • TAFE (QLD/NSW/WA…etc)
  • Charter Australia
  • Stanley College
  • 4 life College
  • Imagine Education など

その中でもTAFEという州立のカレッジで学ぶ事がもっとも代表的です。

詳しいアシスタントナースになる方法やおすすめの留学プランはこちらでご紹介しているのでご覧ください。

オーストラリアでアシスタントナースになる方法まとめ!おすすめ留学プランも紹介

オーストラリアでアシスタントナースになるにはワーホリビザでも学生ビザでもOK

オーストラリアでアシスタントナースとして看護留学する際、ビザが必要になります。

アシスタントナースになるためには、いづれかのビザを取得しますが、取得するビザによって年齢制限が発生します。

  • 学生Vビザ:年齢制限はなし
  • ワーキングホリデービザ:年齢制限があり(31歳まで)

学生ビザの発給時に、就学期間 +ホリデー+ 滞在猶予期間(1~2ヶ月)で学生ビザが付与されます。※就学期間によってホリデー期間や滞在猶予期間が変動します。

オーストラリアの学生ビザ申請にあたり年齢による上限制限はありません

そのため、31歳の以上の方は、学生ビザで看護留学することになります。

オーストラリアの看護留学はビザによって年齢制限があるので要注意

まとめ

オーストラリアでアシスタントナースとして働く場合のお給料事情についてご紹介しました。

どれだけ収入を得る事ができるかご理解された上で、オーストラリアに費用を抑えてワーキングホリデーに行く方法を知ると今後のプランだてもすごくしやすいと思います。

別記事で詳しくお話ししているので気なるの方は、是非ご確認ください!

費用を抑えてオーストラリアでワーキングホリデーする方法

オーストラリア留学ネットでは、看護師さん向けサービス「留学コンシェルジュ」を展開しています。

手数料やサポート費料は無料なので、アシスタントナースに興味がある方は、是非一度ご相談ください。

看護留学コンシェルジュ

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)