オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【オーストラリア留学】渡航準備!英語での履歴書の書き方

オーストラリアで働く

オーストラリアではワーキングホリデービザの方だけではなく、
学生ビザの方もある一定の時間内での就労が認められています。

そういった事から、海外での大学進学や語学留学の費用の貯蓄の負担が軽減できるので
留学生たちの立場からすると、とても心強い点です。

仕事探し

オーストラリア留学も無事始まり海外生活にも少し慣れてきた頃に
最初に直面する難関は仕事探しです。

特に初めての海外留学となると、英語力がまだ乏しい事であったり
これまでの日本の生活と全く違った生活感であったりと・・・
異文化・多文化の中での仕事探しは、非常にストレスを感じる時期でもあります。

ただし、日本と同様仕事探しはその人の能力や人柄だけの問題ではなく
タイミングも重要ですので、なかなか見つからないといってもあまり落胆せず
気を強くもって取り組むと良いでしょう。

仕事探しの準備

オーストラリアでは、どのように仕事を探すのだろうと疑問に思う方も沢山いらっしゃるかと思います。
実はアルバイトの探し方は日本と同様で、
仕事探しサイトやアプリケーションから応募するのが主流です。

別記事で詳しく仕事の探し方を次の3本だてでお話しています。
興味のある方は下のリンクからご覧いただきます。

【オーストラリア留学】仕事探しシリーズ①英語初心者でも安心・仕事の探し方

【オーストラリア留学】仕事探しシリーズ②ローカルジョブにトライ!仕事の探し方

【オーストラリア留学】仕事探しシリーズ③仕事探しの奥の手!

ただし仕事探し準備は、仕事の探し方を知るだけでは充分ではありません。
他にも大事な準備があるので当記事でご紹介します。

履歴書

上記の記事をご覧頂いて仕事の探し方をマスターをして頂いたところで、
次に必要な準備は英文での履歴書の作成です。

オーストラリアに到着後、仕事探しをする前に履歴書を作成するのもいいですが
渡航前の日本の準備期間の間に履歴書を作成しておくと、
現地に行ってすぐに仕事を探す事ができるので時間の効率が良いです。
またオーストラリアに到着後他にしないといけない事も沢山あるので、
あらかじめ準備をする事によって精神的にも余裕を持つ事ができるのでおすすめです。

世界の異なった履歴書

履歴書は、国によって呼び方・書き方・内容が少し異なります。

Resumeは、これまでの職務歴・学歴・スキルなど簡潔にまとめた自己PR書類です。
主に北米アメリカやカナダで履歴書として使用されています。

CVは、Curriculum vitaeの略で
Resumeとコンセプトは同様でこれまでの経歴をまとめ書類です。
主に、ヨーロッパで履歴書として使用されています。

履歴書に記載する項目や特性

それでは次の表で各国の項目や違いをみてみましょう。

 日本 オーストラリア カナダ イギリス
名称 履歴書 Resume
*CVも可能
Resume CV
履歴書の内容 ・個人情報
・学歴
・職歴
・志望動機(自己PR)
・個人情報
・仕事上の目標
・職歴
・学歴
・個人情報
・仕事上の目標
・職歴
・学歴
・個人情報
・仕事上の目標
・職歴
・学歴
ページ数 1枚 1枚 1枚 2枚
特徴 ・短い
・簡潔
・手書きも有り
・短い
・内容を自由
・コンピューターで作成
・短い
・内容を自由
・コンピューターで作成
・長い
・詳細まで必要
・基本的にフォーマットあり

Resume(レジュメ)作成

個人情報【Personal information】

一般的に一番最初にかく項目となります。
「Resume」といったようなタイトルは特に入りません。
いきなり名前から大きく記載するイメージです。
ここで記載する内容は、

  • Name・氏名
  • Residential Address・住所
  • Contact number・携帯番号
  • E-mail address・メールアドレス
  • Visa・ビザの種類

自己PR【Summary】

これまでの人生経験の中での自分の長所を自己アピールする項目となります。
ここで記載する際に気をつける点があります。

  • 応募する職種に関する・共通する自分の長所を書くようにしましょう。
  • 詳細は職務歴や学歴に記載するので、基本的にはイントロのように長すぎず短すぎでまとめましょう。

注意
異なった職種に応募する場合は、
職種のタイプ別で行くか履歴書を用意し、適正なものを使用しましょう。

職歴【Career objective】

日本の経歴も合わせてこれまでも職務歴を記載する項目となります。
ここで注意する点は、一番最近の経歴が上に来るように時系列で記載する必要がある事です。

  • 働いていた時期
  • 場所
  • 会社名
  • 大まかにどんな仕事をしていたか
    簡潔に文章でまとめてもいいですし、略書でも構いません。

学歴【Academic achievement】

  • 高校・専門学校/大学に通われていた期間
  • 学校名
  • 学位
  • あれば何のコースを就学していたか

英語での学位の表記

学位/ Degree
博士号/ 哲学博士 Doctor of ~
修士号/ 大学院 Master of ~
学士号/ 大学 Bachelor of ~

英語での学部の表記

経済学部 Economics
商学 Commerce
経営学 Business Administration
外国学 Foreign Studies
国際学 International Studies
文学 Arts / Literature
社会学 Sociology
教育学 Education
法学 Laws
工学 Engineering
理学 Science
情報科学 Information Science
薬学 Pharmacy
医学 Medicine
建築学 Architecture

オーストラリア留学ネットでは、英文の履歴書を作成するサポートも行っておりますので
ご不安な方は一度弊社までお問いわせください。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に