オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【オーストラリア留学】ファームジョブの探し方

ワーキングホリデーでオーストラリアに留学をお考えの皆様は、セカンドビザ(2度目の1年もワーキングホリデービザでオーストラリアでの滞在を許可する制度)

というものを聞いた事があるのではないでしょうか?このセカンドビザの取得については、オーストラリア政府が定めた第一次産業(代表的には農業)で88日以上の労働したワーキングホリデービザ保持者が申請できるビザです。

このセカンドビザ、分かりやすく言うと88日間以上農業のお仕事をするともう1年滞在できるビザになります。

※農業以外のお仕事も厳密は含まれていますが、セカンドビザを取得する方の殆どが、農業でお仕事をされています。

ファームジョブで働き出すまでの流れ

そのセカンドビザを取得するために、必要な農業のお仕事(ファームジョブ)はどう探すのか?
ファームジョブを探し、働きだすまでの3つのステップと実際の探し方をご紹介します。

STEP 1 情報収集

ファームジョブをするにあたって情報収集はとても大事です。

なぜなら、セカンドビザ取得のためにファームで働いたが、ペイスリップ(給料明細)をもらえずに結果、セカンドビザをもらえずにそのまま終わることもあるからです。

STEP 2 ファームオーナーと連絡を取る

行きたいファームが決まれば、実際に現地に行く前にまずファームオーナーと連絡を取りましょう。

  • 今仕事はあるのか?
  • トップシーズンはいつか?
  • 何月まで仕事はあるのか?
  • ペイスリップ(給料明細)はくれるのか?
  • ステイ先から仕事までの移動手段

WEB上で仕事を探す場合、サイトに書いてあるからと言ってそのままの情報を鵜呑みにしないほうがいいです。
ファームの情報は変わりやすく、サイトに書かれていることも古いものだったり、実際にファームに行ってみるとお仕事がない!とならないために、ファームオーナーと直接連絡取ることが大事です。

STEP 3 現地に行く、働き出す

ファームのオーナーと連絡を取り、働き出す日程など決まったらいざそのファームに向かいます。
大体は到着の翌日から働きだしますが、それぞれのファームによって違ってきますので、事前によく確認しておきましょう!

その農業(ファームジョブ)仕事はどこで探すの?

実際にファームのお仕事を探すにあたってどこで情報や仕事を探すのか?方法は大きく3つあります。

  1. 情報サイト・WEBで探す
  2. エージェントに紹介してもらう
  3. 友達からの紹介

1. 情報サイト・WEBで探す

政府が運営しているサイト: Harvest Trail
日本人向けクラシファイド:Jams.tv
日本人向けクラシファイド:日豪プレス
各州や地域ごとに載っているサイト:Facebook

情報サイトから仕事を探す場合、サイトに載っている各ファームの電話番号に連絡することをおすすめします。
更新されずにサイトが止まっていることもありますので、気をつけましょう。

どこに、どういった種類の仕事があるか?を知りたい時は、情報サイトをみるとたくさん情報が載っているので、最初に情報を集めたりするときには、向いています。

Facebookで仕事を探す場合ですが、各地域に大きなグループがあり、そのグループに入るとその地域のファームの求人や車のシェアなどの情報も載っているので、気軽に情報を集めることができます。

2. エージェントに紹介してもらう

エージェントに紹介してもらうのは大きくわけて2つ形があります。
・ジョブエージェント
・ワーキングホステル

ジョブエージェントはGoogle Mapで「job agency」と調べるとその地域のあるジョブエージェントが出てきてお仕事を紹介してくれます。
そこに電話をして仕事があれば紹介してもらう。という流れですが、オーストラリア到着して間もない方にはこの方法は少しハードルが高いかもしれません。
なぜなら、車を持っていないと行けなかったり、職場までは自分の交通手段で向かわないと行けない場合が多いからです。

その分ワーキングホステルは、ホステルがファームの仕事を直接紹介してくれる形になります。
こちらも、Google で「都市名 Backpackers Hostel」と検索するとたくさん出て来ますので、そこに住みながらホステルが提携しているファームで働くという形になります。
基本的には、ホステルから皆で職場のファームまで向かうことになります。ですので、交通手段がない方でも簡単に仕事を始めることができるので、ワーキングホステルからお仕事をおすすめします。

3. 友達からの紹介

友達・知人からの紹介は一番安全で働くまでの流れがスムーズになります。
実際にファームで働いていた人の情報なので、WEBサイトよりも確かな情報が得られます。

ファームの周りの環境や詳しい仕事内容まで教えてくれるので個人的には一番オススメです。
「そんなにファームで働いている人の友達なんていない!」と思うかもしれませんが、

オーストラリアでは様々な人に出会うため、意外とファーム経験者に出会うことも多くあります。
少しでも、セカンドビザやファームジョブに興味がある場合にそういった方に出会った時には、Facebookや連絡先を交換したり、お話をきいておくことも大切な情報源になります。

仕事探しで注意しておきたいポイント!

2015年7月からセカンドビザ申請のルールが変わり、PAYSLIP(給料明細)の提出が必要となりました。
てっきりもらえるものだと思っていて3カ月働いたら、発行されずにビザが申請できなかった。とならないように、事前にオーナーに「Can I get a pay slip?」「Can you issue a payslip for me?」などと確認しておきましょう。

仕事内容と時期

仕事内容も人によって合う合わないがあるので違いますが、仕事の時期はファームジョブをする上でかなり重要なポイントになってきます。せっかくファームに行ったのに仕事がまともにあるのは、週に1〜2回。1ヶ月先までほとんど仕事がない。なんてこともよくあるので、ワーキングホリデーの方の貴重な一ヶ月を無駄にしないために、事前に確認しておきましょう。

給与形態:時給制(pay by the hour) 出来高制(pay by the job)

交通:ホステルからファームまでの移動手段

ワーキングホステルの場合殆どはファームからホステルまでの送迎があるので車がない人でも働きやすいです。
直接ファームに車で行かないといけないところも多いので送迎の有無も要チェックです!

準備物:ファームジョブで必要なもの(銀行口座/TFNなど)

その他:アレルギーなど

まとめ

ファームジョブの探し方についてですが、基本的な流れは

  • STEP1 情報収集
  • STEP2 ファームオーナーと連絡を取る
  • STEP3 現地に向かう働きだす

ファームジョブの探し方

  1. 情報サイト・WEBで探す
  2. エージェントに紹介してもらう
  3. 友達からの紹介

ファームは行く前にとにかく情報収集することが大切です。
ファーム経験者の話を聞いたり、実際にファームで働いている人と連絡をとったり、セカンドビザを取得するのに必要な条件や情報を集めておくことはとても大切です。

ファームで働いて、セカンドビザが無事に取得できるように素敵なファームライフを送りましょう!!

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に