オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

オーストラリア大学に入学する為に必要な英語能力

オーストラリア大学進学

オーストラリアの大学に入学するには英語能力証明が必須

近年大学進学は海外で考えられている方も多くなってきたように感じます。
そこで今に日本にいながらおいて頂きたい事をお話しようと思います。

オーストラリアの大学を入学をするには
基本的に日本のような大学入試はございません。

ただし大学で就学するにあたって英語力は不可欠という事から
勉強に参加する為の必要最低限の英語力を入学条件として設定しています。

言語の壁で就学ができないと大学卒業までとても持続する事は難しいので
留学生への心くばりの一つなのではないでしょうか。

日本では英語能力として使えるTOEICや英検は使えない

日本では、英検やTOEICなどの公式試験がメジャーです。
その為日本の企業での就職などに使用されているケースが多いです。

ただし残念ながらどちらのテストも、
海外では英語能力証明としては一切通用致しません。

それでは、どのような英語能力判定テストが使用可能なのか見てきましょう。

海外で大学入学の為に使用可能になっている英語能力試験

一般的にオーストラリアで1番メジャーなテストはIELTSです。
IELTS公式テストが大学進学などの英語能力判定として使われています。
ただしIELTS以外でも、英語能力証明として使われている公式テストがいくつかございます。
それは各学部や大学によっても異なりますので、
あらかじめ大学のコース詳細ページで確認する必要がございます。

詳細ページでの英語条件の確認方法

例えば「Griffith University・グリフィス大学」で「看護学」を専攻したい場合。
大学公式コースページのトップあたりに書かれているものと、


English Requirement」(英語入学条件)の欄に
テストの種類や詳細などが記載されている事が多いです。

注目するべき点は、
公式英語能力テストの名称・本コースに入学する為に必要なスコアです。

(例)
minimum overall band score of 7.0 on IELTS (Academic) with no sub-score of less than 7.0
と書かれているのですがIELTS公式テストの場合は、

  • IELTS7.0の取得
  • IELTSアカデミックモジュール指定
  • 4つの技能・各セクション7.0以上である事
    (仮に、全部で7.0でもセクション別で7.0以下の場合不可となります。)

のように詳細が記載されています。
どれか1つでも条件を満たさない場合入学ができませんのでご注意くださいませ。

記載されている内容のものからご自身がスコアを取りやすい物で受験されるといいでしょう。

大学のコースページによく記載されている英語能力試験一覧

それでは英語入学条件として頻繁に受理が
可能とされているテストを特徴別に見ていきましょう。

IELTS・アイエルツ

日本でまだまだ聴き馴染みのない英語公式テスト「IELTS・アイエルツ
実は世界では英語能力判定として最も有名且つ英語能力の証明として信頼度が高いです。

IELTSは大学入学時の英語能力証明として使われているだけではなく、
主に海外移住する際に、ビザ申請に英語能力を問われる場合があり
その時の証明としてIELTSを使用する事が可能です。

IELTSの特徴

  • スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングの4技能
  • スピーキングは対面式面接
  • 他の3技能に関しては、会場での筆記試験か会場でのコンピュター試験が選択可能
  • アカデミックジェネラルの2つのセクションがあり、使用用途によって選ぶ

TOEFL・トイフルテスト

日本でも馴染みのある「TOEFL
理由としては、日本は様々な場面でアメリカの影響が大きくあり、
学校でもアメリカ英語を学習している事を背景に
大学進学先にはアメリカに行くという事が多いのではないでしょうか。

TOEFLは、主に米国やカナダの大学・大学院に入学する際に
必要とされる英語能力証明とし有名です。
近年ではオーストラリアでも提出可能な大学も増えています。

TOEFLの特徴

  • スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングの4技能
  • 4技能全てにおいて会場でのコンピュターで行う
  • リーディングの問題数が毎回変わる
  • リスニングとリーディングがリンクした複合問題あり

PTE・ピーティーイー

PTEは他の英語能力判定テストと比較するとまだまだ歴史が浅く、
ここ何年間で有名になったテストになります。
現在イギリス・オーストラリア・ニュージランド・カナダなどで
大学進学の際に使用されています。
ビザの用途で使用できるのは今のところ
オーストラリアとニュージンランドのみとなっています。

PTE・ピーティーイーの特徴

  • スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングの4技能
  • 4技能全てにおいて会場でのコンピュターで行う
  • テスト結果が1-5営業日で届く
  • 文法や綴りに関して判定があまい

OET・オーイーティー

他の英語能力判定と違って、
医療の現場に携わる人向けにつくられた英語能力テストです。
医療の現場で使う英語は非常に特殊な単語などが多く
一般英語やアカデミックでもあまり見受けられない内容です。
もちろん医療で働く皆さんも
上記のような他の英語能力判定テストを受験される事が可能ですが
今後のお仕事がスムーズになるようにと、
看護などお勉強される方の中には、こちらのテストを選ばれる事もあります。

OTE・オーイーティーの特徴

  • 医療従事者につくられた英語能力判定テスト
  • スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングの4技能
  • 内容は、医療現場の日常業務で使う英語
  • スピーキングは、ロールプレイ式です。
    面接官が患者や介護者など演じるので、医療従事者として対応しなければなりません。

オーストラリア留学ネットでは無料オンライン英会話が受けられる?!

弊社ではコロナ禍の影響でなかなか渡航できない留学生の皆様の為に
今の期間を効率よく使っていただく為に
弊社にお申込のお客様対象に無料オンライン英会話をご提供しています。

詳細は・・・こちら
無料オンライ英会話レッスン

ご留学にご興味のある方は
一度弊社までお気軽にお問いわせください!!

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に