オーストラリア留学、ワーキングホリデー専門エージェント
心斎橋店(駅徒歩3分)大阪オフィスでお待ちしております
大阪オフィス(心斎橋駅徒歩3分)でお待ちしております
月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
LINEで無料留学相談
お電話で無料留学相談
LINEで無料留学相談

【2023年版】オーストラリア看護留学から永住権を狙う方法とポイントまとめ

オーストラリアへ看護師として看護留学する流れで「永住権を取得したい」というご要望をよく頂戴します。

年々オーストラリアで永住権を取得するハードルは高くなっていますが、不可能ではありません。

ただ、確実に取得できるともいいきれないので、こちらのページでは「オーストラリアで永住権を狙う方法」としてご紹介致します。

「看護留学コンシェルジュ」では、オーストラリアの認定移民エージェント資格をスタッフが永住権取得のご相談も無料でおこなっています。

詳細な内容を電話やオンラインで相談したいという方はこちらのページからご相談ください。

看護留学コンシェルジュ

オーストラリアで永住権を取得するメリット

オーストラリアで永住権を取得するメリットはこちらが挙げられます。

  • Medicare(国民健康保険)に加入できる
  • 就労・就学制限がなくなる
  • 学費が下がる

永住権を取得することで、VISAによる就労・就業制限がなくなり半永久的に滞在できるようになりますね!

また、永住権を取得すると、学費がオーストラリア国民と同じになります。

実は、留学生の方が学費は割高になっていますが、永住権を取得することで、安価で通学することができるようになるのもメリットと言えますね!

永住権とオーストラリア国籍との違い

オーストラリア永住権を取得しても、オーストラリア国籍を取得した訳ではありません。

あくまでもオーストラリアに永住する権利であるため、オーストラリア国民ではないんですね。

具体的な違いとしては、

  • パスポートは日本の物を使う
  • ResidentReturnVisa(レジデントリターンビザ)の更新が必要
  • 選挙権を持たない
  • 陪審員制度などの義務は課せられない

オーストラリアでは二重国籍が認められていますが、日本では二重国籍が認められていません。

そのため、オーストラリア国籍を取得したい場合は、日本国籍を失い国籍選択の必要があります。

また、永住権は更新の必要はありませんが、別途オーストラリアへ自由に出入国するためのビザは更新の必要があるので、注意が必要です。

オーストラリアで永住権取得を目指すことができる看護師は?

オーストラリアは日本と違い、3つに役割が分けられています。

  1. AIN (Assistant in Nurse) – 看護助手・介護士
  2. EN (Enrolled Nurse) – 准看護師
  3. RN (Registered Nurse) – 正看護

一部例外はありますが、永住権を取得できるのは「RN (Registered Nurse) – 正看護」となります。

AIN (Assistant in Nurse) – 看護助手・介護士や、EN (Enrolled Nurse) – 准看護師では、永住権取得を目指すことができないと理解しておきましょう。

さらに、正看護師でも、ANMACのスキルアセスメントに合格する必要があります。

3つの職種の違いについては、こちらのページで紹介しているので、ご覧ください。

日本とオーストラリアの看護師の教育・職場環境の違い

では、そんなオーストラリア永住権の取得を狙うためのビザ制度をご紹介します。

オーストラリアで永住権を取得を狙うためのビザ制度

オーストラリアで正看護師資格を取得した日本人が、永住権取得を狙うためのビザ制度はいかがあります。※2023年1月12日時点

  1. 技術独立ビザ (Skilled Independent Visa)
  2. 技術推薦ビザ (Skilled Nominated Visa)
  3. 技術地域ビザ (Skilled Regional Visa)
  4. 雇用主指名ビザ (Employer Nomination Scheme Visa)or州スポンサー雇用主指名ビザ (Reginal Sponsored Migration Scheme Visa)
  5. パートナービザ (Partner visa)

オーストラリアのビザ制度の内容は年に2回変更されます。

現在の最新情報はオーストラリア移民局のホームページで確認することができますよ。

永住権を取得する方法やビザ制度は常に変更されるため、変更内容に沿って永住権取得方法が変わることをご了承下さい。

「技術独立ビザ」「技術推薦ビザ」「技術地域ビザ」で永住権取得を狙う場合は、ポイントテストで65点以上をクリアしておくことが条件となります。

そこで、まずは、ポイントテストの項目と内容をご紹介しておきます。

オーストラリアで永住権取得を狙うためにポイントテストの詳細

「技術独立ビザ」と「技術推薦ビザ」を利用して永住権取得を狙う場合は、ポイントテストをクリアしておく必要があります。

項目と基準は以下となります。

年齢

18~24歳 25ポイント
25~32歳 30ポイント
33~39歳 25ポイント
40~44歳 15ポイント

英語力

英語力もポイントテスト項目に含まれています。

IELTS6相当以下は、Competent English と区分され0ポイントとなります。

Proficient English (IELTS7.0 相当) 10ポイント
Superior English (IELTS8. 0相当) 20ポイント

オーストラリア国外での申請職種での勤務経験

オーストラリア国内での勤務経験年数となります。

直近過去10年以内としており、10年以上は15ポイント、逆に3年未満の場合は0ポイントとなります。

3~4年 5ポイント
5~7年 10ポイント
8~10年 15ポイント

オーストラリア国内での申請職種での勤務経験

オーストラリア国内での勤務経験年数となります。

直近過去10年以内としており、10年以上は20ポイント、逆に1年未満の場合は0ポイントとなります。

1年未満の場合は

1~2年 5ポイント
3~4年 10ポイント
5~7年 15ポイント
8~10年 20ポイント

オーストラリア国内での就学実績

ディプロマ以上(CRICOS認定の学校) 5ポイント

申請職種の卒業学位

博士 20ポイント
学士・修士 15ポイント
専門 10ポイント
その他 10ポイント

その他ポイントになるもの

以下に当てはまる場合は、ポイントが加算されます。

こちらは複数に当てはまる場合は、それぞれ加点されます。

NAATI認定の通訳・翻訳資格 5ポイント
指定地域で居住し学校に通学 5ポイント
パートナーも同じ技術独立対象 5ポイント
プロフェッショナルイヤー 5ポイント

これら合計で65ポイント以上が基準となるため、自分がそちらの条件を満たしているか確認してみましょう。

では、それぞれのビザ制度を利用した、看護留学から永住権取得を狙う方法を順番に紹介していきます。

看護師が技術独立ビザを利用して永住権取得を狙う方法

看護留学からオーストラリアの永住権取得を狙うもっともポピュラーな方法が、技術独立ビザ(Skilled Independent Visa)を利用した方法です。

こちらのビザを利用して永住権取得を狙う条件はこちらです。

年齢制限 45歳未満(Invitation時点)
ポイントテスト 65点以上
州からのオファー 不要
職業 オーストラリア正看護師を含むMLTSSLの職種
スキルアセスメント スキルアセスメントに合格すること(ANMAC)
最低英語基準 Competent English(IELTS7.0相当)
健康診断 有り(申請後)
無犯罪証明書 必要(過去10年以内に居住していた国)
過去のビザ履歴 過去にキャンセルやRefuseされていないこと
ビザ申請手数料 4240豪ドル〜

永住権取得を狙う流れは、このようになっています。

  1. 技術独立移民の対象職種リスト (The Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL) にRegistered Nurse(正看護師)が含まれているか確認
  2. ポイントテストで65点以上あるか確認
  3. Australian Nursing & Midwifery Accreditation Council(ANMAC)でビザ申請のための経歴証明を依頼
  4. オーストラリア移民局のスキルセレクトよりExpression of Interest(EOI)をオンラインで申請
  5. ポイントテストが高い人から順番に移民局からInvitationが発行
  6. ビザ申請(平均8~11ヶ月程度)
  7. ビザ発行

1,2は念の為、確認しておくべきポイントとして記載しているため、具体的には3以降が永住権取得を狙う方法となります。

年々こちらの条件は厳しくなってきており、ポイントテストのポイントが増えたり、申請可能な年齢も49歳までから45歳までと変更されています。

看護師が技術推薦ビザを利用して永住権取得を狙う方法

技術推薦ビザは、移民を受け入れている州政府に申請し推薦をもらい、永住権取得を狙う方法です。

永住権取得を狙う州にサポートしてもらうため、一定期間制限がかかります。

基本的な申請の流れは技術独立移民と近いです。

こちらのビザを利用して永住権取得を狙う条件はこちらです。

年齢制限 45歳未満 (Invitation時点)
ポイントテスト 65点以上
州からのオファー 必要
職業 オーストラリア正看護師を含むMLTSSLの職種
スキルアセスメント スキルアセスメントに合格すること (ANMAC)
最低英語基準 Competent English (IELTS7.0相当)
健康診断 有り (申請後)
無犯罪証明書 必要 (過去10年以内に居住していた国)
過去のビザ履歴 過去にキャンセルやRefuseされていないこと
ビザ申請手数料 4240豪ドル〜

ほぼほぼ、技術独立ビザと変わりませんが、州からのオファーが必要という条件があります。

永住権取得を狙う流れは、このようになっています。

  1. 技術独立移民の対象職種リスト (The Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL) にRegistered Nurse(正看護師)が含まれているか確認
  2. ポイントテストで65点以上あるか確認
  3. Australian Nursing & Midwifery Accreditation Council(ANMAC)でビザ申請のための経歴証明を依頼(8週間目安)
  4. オーストラリア移民局のスキルセレクトよりExpression of Interest(EOI)をオンラインで申請
  5. 州政府のオファー用書類を提出(8週間目安)
  6. ポイントテストが高い人から順番に移民局からInvitationが発行
  7. ビザ申請(平均8~11ヶ月程度)
  8. ビザ発行

1,2は念の為、確認しておくべきポイントとして記載しているため、具体的には3以降が永住権取得を狙う方法となります。

永住権取得申請を行う州の審査が入るため、技術独立ビザよりも8週間ほど長く、ビザ取得に時間がかかります。

州によって推薦するための制度は異なりますが、

  • 居住歴(12ヶ月以上など)
  • 就労歴(週35時間換算のフルタイムで半年以上など)

などが条件となったりします。

また、技術推薦ビザでは、永住権取得後、最低2年間は推薦を受けた州内で生活する必要があります。

さらに、州政府のアンケート調査に参加する義務や、居住している場所や連絡先を報告する義務もあるため、それらを理解した上で、こちらの選択肢も検討するとよいでしょう。

看護師が技術地域ビザを利用して永住権取得を狙う方法

技術地域ビザは、オーストラリアで人口が少ない地域での専門職を増やす目的で設定されています。

正看護師免許も、技術地域ビザの対象職種となっており、永住権取得を狙う選択肢の一つとなります。

2段階のビザ制度なっており、

  1. 491 Skilled Work Regional (Provisional) visa
  2. 191 Permanent Residence(Skilled Regional) visa(永住権)

491 Skilled Work Regional (Provisional) visaが許可された後に、州指定の基準を満たすと永住権の申請資格が与えられます。

条件はこちらとなります。

年齢制限 45歳未満(Invitation時点)
ポイントテスト 65ポイント以上
職業 オーストラリア正看護師を含む職種
スキルアセスメント スキルアセスメントに合格すること (ANMAC)
州政府のオファー 必要
最低英語基準 Competent English (IELTS7.0相当)
健康診断 有り (申請後)
無犯罪証明書 必要 (過去10年以内に居住していた国)
過去のビザ履歴 過去にキャンセルやRefuseされていないこと
ビザ申請手数料 4240豪ドル〜

雇用主指名・州スポンサー雇用主指名ビザを利用して永住権取得を狙う方法

会社にスポンサーしてもらい永住権取得を目指すのが、雇用主指名ビザまたは州スポンサー雇用主指名ビザです。

移民局からスポンサー登録をしている雇用主から推薦してもらうことで、永住権の申請資格を与えられます。

年齢制限 45歳未満 (Invitation時点)
雇用主の推薦 必要
雇用主のスポンサー登録 必要
職業 オーストラリア正看護師を含むMLTSSLの職種
最低英語基準 Competent English (IELTS7.0相当)
健康診断 有り (申請後)
無犯罪証明書 必要 (過去10年以内に居住していた国)
過去のビザ履歴 過去にキャンセルやRefuseされていないこと
ビザ申請手数料 4240豪ドル〜

永住権取得を狙う流れは、このようになっています。

  1. 技術独立移民の対象職種リスト (The Medium and Long-term Strategic Skills List (MLTSSL) にRegistered Nurse(正看護師)が含まれているか確認
  2. 雇用主からオーストラリア移民局に申請
  3. 履歴書や契約書などサポート書類も含めてビザ申請
  4. ビザ発行

雇用主指名ビザで永住権取得を狙う場合、ポイントテストはありません。

ビザをサポートしてくれる雇用主が見つかれば、すぐにビザ申請に入ることができます。

また、永住権がおりるまでの期間も、ブリッジングビザで、オーストラリア国内で働き続けられますよ!

看護師不足が深刻な地域の病院などでは、雇用主指名ビザでの永住権取得サポートをしてくれるところもありますよ。

パートナービザを利用して永住権取得を狙う方法

パートナービザは、オーストラリア人の結婚相手がいる場合に取得できます。

パートナービザは、

  1. Temporary Partner visa(一次滞在:2年間)
  2. Partner Visa(永住権)

の2段階で取得を目指すことができます。

技術独立ビザなどでは、ビザ申請から取得までで2年近く時間がかかることがありますが、

パートナービザ申請条件はこちらです。

年齢制限 なし (結婚できる年齢)
パートナーの推薦 必要
健康診断 有り (申請後)
無犯罪証明書 必要 (過去10年以内に居住していた国)
過去のビザ履歴 過去にキャンセルやRefuseされていないこと
ビザ申請手数料 8085豪ドル〜

ただし、パートナービザの推薦条件は厳しくなってきており、

  • 過去3回以上パートナービザサポートをしていない
  • オーストラリア国籍または永住権者(該当するニュージーランド国籍者を含む)
  • 過去推薦から最低5年が経過し
  • 婚姻関係を立証できる(資金面、社交面、将来計画、日常生活などから)
  • 事実婚で申請する場合は、事実婚状態が12ヶ月以上継続している
  • 永住権がおりるまで継続した婚姻関係が証明できる

などの条件があるため、パートナーとも話し合い申請をしましょう。

オーストラリアの永住権取得を目指すには認定移民エージェントのサポートが必要

オーストラリアで看護師が永住権取得を目指す方法についてご紹介しました。

オーストラリアの永住権資格取得を目指すビザ制度は複数あることをご紹介しました。

それぞれのビザ制度の内容は、年に2回更新され非常に複雑です。

また、オーストラリアでビザの申請をアドバイスできるのは、オーストラリアの移民弁護士または、所定の学位を持ち毎年資格の更新が必要な認定移民エージェント(Registered Migration Agents)のみと法律で定められています。

オーストラリア留学ネットの新サービス「看護留学コンシェルジュ」では、移民カウンセラーによる、ビザ取得・移住、永住権取得と留学に関するご相談とアドバイス、ビザ申請・取得及び入学手続き等のコンサルティング、及び代行手続きを行っています。

看護留学から永住権取得を目指している方は、安心してご相談いただければと思います!
永住権取得を目指す場合、相談内容はかなり複雑になるでしょう。
詳細な内容を電話やオンラインで相談したいという方はこちらのページからご相談ください。

看護留学コンシェルジュ

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に

月〜金 10:00〜18:00(水曜定休)
豪政府登録カウンセラーがお電話でご相談承ります
水曜日定休日(土日祝休み)