LINEで無料留学相談

ワーキングホリデービザの申請方法

オーストラリアで留学し長期間滞在するには、ビザを取得する必要があります。初回のオーストラリのワーキングホリデービザの申請方法を実際のワーキングホリデービザ申請画面を見ながら解説していきます。(※2回目のビザ申請については、セカンドワーキングホリデーの申請方法についてはセカンドワーキングホリデーをご参照ください。)

オーストラリアの移民局のオンライン申請フォームの情報が変更されている可能性もございますので、実際と異なっている場合やご不明の際はお問い合わせください。

ワーキングホリデービザの目的

ワーキングホリデービザの目的は、2国間の協定に基づいて、「働く」「語学を学ぶ」「旅行」するなど、就労して滞在資金を補いながら、海外で生活するために必要なビザになります。ワーキングホリデービザを取得すれば、1年間という期間内で、働いてお金を稼いだり、語学学校に通って語学力をつけたり、旅行をしたり、ゆったりと休暇を楽しんだり、様々なことを行うことができます。ワーキングホリデービザは入国日に有効化され、期間中は何度出入国しても問題ありません。

ワーキングホリデービザの申請条件

ビザには取得するための条件があり、誰でも取得できるというわけではございません。ワーキングホリデービザの申請条件は、下記の通りになります。

  • 18歳以上31歳未満
  • 今までに一度もワーキングホリデービザでオーストラリアへ渡航したことがないこと
  • オーストラリア滞在中に十分に生活できる資金を所持していること(約5000AUD)
  • オーストラリア滞在中に扶養家族である子供が同伴しないこと
  • 人物審査及び健康診断の条件を満たしていること
  • オーストラリアの価値観を尊重し、オーストラリアの法律を守る
  • 国外で申請した場合は、ビザ許可時にもオーストラリア国外にいること

ワーキングホリデービザのルール

ビザには種類によってルールが定められています。ワーキングホリデービザのルールは以下の通りになります。

  • ビザが発給されてから12ヶ月以内にオーストラリアへ入国すること
  • ビザの有効期間内は、何度でもオーストラリアを出入りできる
  • 最長4ヶ月間就学することができる(語学学校の場合17週間通学することができる)
  • 同一雇用主下で最長6ヶ月就労することができます。
  • 滞在期間は最長で12ヶ月(条件を満たせば、セカンドワーキングホリデービザを申請可能)

ワーキングホリデービザの申請費用

450ドル(2018年8月現在)

クレジットカードでの支払いになります。

ワーキングホリデービザの申請で必要なもの

パスポート

パスポートを取得していない場合は、最寄りのパスポートセンターにてパスポートを取得してください。パスポートの有効期間の残りについては1年以上が望ましいです。もし1年未満であればパスポートを更新してからビザの申請を行うようにしましょう。(パスポートとワーキングホリデービザは紐づけられており、ビザ申請後にパスポートを更新した場合、パスポート番号が変わってしまうとサイド移民局にて新しい番号と紐づけを行う必要が出てくるため)

クレジットカード

必ずしも本人名義のものである必要はありません。家族や友人の名義でも申請には問題ありません。

ビザ申請用のパソコン

スマートフォンでも申請することはできますが、パソコンのGoogle Chrome、IE、Firefoxの最新バージョンの利用が推奨されています。

パソコンのメールアドレス

携帯メールではなくパソコンのメールアドレスを用意する必要があります。

ワーキングホリデービザの申請方法

必要なものを全て揃えたら早速ワーキングホリデービザの申請を開始していきましょう。オンライン申請画面での入力は全て半角英数で全て英語で入力しましょう。

ImmiAccountの作成

ワーキングホリデービザの申請には、申請用のアカウント(ImmiAccount)を作成する必要があります。

アカウント作成ページ:https://online.immi.gov.au/lusc/login

「Create ImmiAccount」をクリックします。

1.個人情報を入力

名前や電話番号、メールアドレスなどの個人情報を入力します。

2.ログイン情報入力

パスワードを決めて、個別の質問を設定します。個別の質問と回答は無くさないようにメモもしくはスクリーンショットで取っておきましょう。

3.ImmiAccount作成完了

アカウントの取得に成功した画面です。まだ完了していないので、注意してください。

4.メールアドレスの確認作業

ImmiAccountを作成したら、移民局から確認のメールが届きます。件名:「Confirm your ImmiAccount email address」のメールを確認し、赤枠で囲っているリンクをクリックしてメールアドレスが正しく使用できることを確認してください。

メールアドレスの確認作業は28日以内に必ず行なってください。これを行わなかった場合は、ビザの通知が自分のメールアドレス宛に送られてこなくなってしまうので、メールが届いてない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかも念のため確認しておきましょう。

メールアドレスの確認後は、以下の画面が表示されます。

ワーキングホリデービザの申請

「New application」からワーキングホリデービザの申請を開始します。

1.ビザの種類を選択

「Work & Holiday」をクリックします。

クリックすると選択肢が表れるので、一番上の「First Working Holiday Visa (417)」をクリックします。

2.ワーキングホリデービザの申請

Terms and Conditionsを確認して、「I have read and agree to the terms and conditions」をクリックして申請を開始します。

オーストラリアの生活についての説明です。オーストラリアの価値が記載されています。

名前や性別、出生地などの個人情報を入力していきます。また、パスポートの情報も入力し、簡単な質問に答えていきます。

※ページ中程にスキップする箇所が2箇所あるので注意してください。

入力内容の確認を行って、問題がなければ「Next」をクリックして次へ進みます。

職業についての簡単な質問に答えていきます。1番目のボックスには、ご自身の職業を入力します。(例:Student(学生)・Office worker (会社員)・Accountant (会計士)など)

2番目は職業欄に記載した職業の産業別のカテゴリーを選択します。

  • Agriculture,Forestry and Fishing:農業、林業、漁業
  • Mining:鉱業
  • Manufacturing:製造業
  • Electricity, Gas and Water Supply:電気・ガス・水道
  • Arts and Recreational Services:芸術・娯楽
  • Construction:建設
  • Wholesale Trade:卸売業
  • Retail Trade:小売業
  • Accomodation, Cafes and Restaurants:宿泊・飲食
  • Transport and Services:運輸
  • Communication Services:通信
  • Finance and Insurance:金融・保険
  • Property and Business Services:不動産
  • Government Administration and Defence:政府機関
  • Education:教育機関
  • Health and Community Services:医療・公的サービス
  • Cultural and Recreational Services:文化事業
  • Personal and Other Services:自営業等
  • Other Services:その他

3番目は最終学歴を選択します。

  • Higher Degree Course:高等学位、大学院
  • Degree Course:大学学位
  • Diploma Course:ディプロマ、短大
  • Technical or Training Certificate :技術・研修資格、専門・専修学校
  • College Degree:大学卒業
  • Senior High School Degree or Certificate:高校卒業資格
  • Junior High School Degree, Certificate or Report:中学卒業資格
  • Other:その他

日本の住所と電話番号を入力してください。移民局との連絡に代理人を立てるか、という質問には、個人で申請をする場合は「No」を選択、エージェントや代理人を立てて申請を行う場合は、代理人にご相談ください。

郵便物の受け取りが可能な郵送先を記入します。もし現住所と異なっている場合は、こちらに記載して変更してください。

  • Country:Japanを入力
  • Suburb/Town:市町村を入力
  • State of Province:都道府県
  • Postcord:郵便番号

※ビザ申請についてのやりとりを移民局とメールアドレスで行うことになると思いますので、正確に、メールアドレス(パソコンのメールアドレス)を入力してください。

最後に、オーストラリア大使館のオフィス地区を選択しますので、日本から申請を行う場合は、「Tokyo」を選択しましょう。

健康に関する質問に回答していきます。

下記の3つの質問に回答する際は注意してください。

  1. オーストラリアで医者、歯医者、看護師、理学療法士として働く、または勉強、訓練をするか
  2. オーストラリアでチャイルドケアセンター(保育園、委託所など)で仕事をする、または実習をするか
  3. オーストラリアに滞在中、3ヶ月以上学校に通うか(例:生徒、先生、公私、オブサーバーとして)

該当する箇所には「Yes」を入力してください。1,2については、「Yes」を選択した方は、ビザ申請手続きの一環として、健康診断書の提出を求められる場合があります。

人格・犯罪歴についての質問に回答していきます。

「Yes」と答える質問はないと思いますが、日本語訳を読みながら質問に回答していきましょう。

今までに入力した情報が正確かどうかについての宣誓を行います。先ほどの入力内容が「No」だったのに対し、このページでは基本的に回答は「Yes」になります。

全て入力したら「Next」をクリックして次のページへ進みます。

次のページは入力内容の確認ページになるので、入力内容に問題がない場合は、「Next」をクリックして次に進みます。

このページで「Submit Now」を入力すれば、申請することができます。

次のお支払いページでは、クレジットカードでワーキングホリデービザの申請費用を支払います。

  • ワーキングホリデービザ申請費用:450ドル
  • クレジットカードは本人名義のカードでなくても問題はありません

入力内容の誤りがないようにカード番号と名前、有効期限、裏面の確認番号を入力してください。

支払い手続き完了後「Receipt(領収書)」の確認ページへ進むので支払い内容を確認しましょう。(ImmiAccountから申請ページやReceiptを確認することができます。)

ワーキングホリデービザの申請方法に関してご不明なことなどございましたらお気軽にご相談ください。

※ビザの申請方法についてのみのご相談はお受付できない場合がございます。

\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください

ワーキングホリデービザの申請後

ワーキングホリデービザの申請後、1週間以内に移民局から登録したメールアドレス宛に連絡が来ます。(早い場合は数時間で連絡がくることもあります。)

「Visa Grant Notification〜」と記載されたメールが届いたら、ワーキングホリデービザの取得完了です。

添付されているPDFファイル(「IMMI Grant Notification」)は大切に保管しておきましょう。

申請後の注意点

  1. メールに添付されているPDFファイル(「IMMI Grant Notification」)を印刷して大事に保管してください。
  2. オーストラリアに渡航する際に印刷した書類を持参してください。
  3. ビザの取得後は、その他の入国用のビザは取得しないようにしましょう。
\ オーストラリア留学について /まずはお気軽にご相談ください
オーストラリア留学.netはオーストラリア留学・ワーホリのみ専門にサポートしている留学サポート機関です。
オーストラリア各都市への短期・長期留学、ワーホリ渡航、(学生・ワーホリ)ビザ申請サポート、ホームステイ手配、銀行口座開設、お仕事サポートなどの渡航前サポートから現地サポートまで一貫して無料手配いたします。

キャンペーン

無料留学相談
お問い合わせはお気軽に